2022年8月10日水曜日

シチリア名物のフルッタ・ディ・マルトラーナは、死者の日のためのドルチェ。死者をカラフルで活気に満ちたものでもてなすのがシチリア風。死を嘆くのではなく生を祝う。

今日のお題はノートのアーモンドです。
昨日とは微妙に違うのわかります?
きのうはアーボラのアーモンドと言ってたのですが、ノートのアーモンドというのも質が高いと言われているようです。
バル・ディ・ノートはとても魅力的な場所。
1693年の地震で壊滅的な被害を受け、10㎞ほど離れた丘の上に新たにノートという町が造られた、という歴史も文化も魅力的な街。

バル・ディ・ノートの食文化。
この地域の食文化の象徴は、モディカのチョコレートとノートのアーモンド。


シチリアのドルチェの代表格、マジパンのフルーツ、フルッタ・ディ・マルトラーナ。

フルッタ・マルトラーナは11月2日の死者の日のためのドルチェ。今風に言うとハロウィーンですね。この日は死者が子供たちへのお土産と共に生気に満ちたものを探しにくると信じられていて、死者をこんなにカラフルで活気にあふれたものでもてなそうとしたんですね。
マジパンにそっくりで、材料はアーモンドの粉と砂糖。
マルトラーナというのはパレルモのマルトラーナ教会で、近くのベネディクト派の修道女が、考え出したと言われています。
今では、一年中造られていて、シチリアの人にとても人気があったことが分かります。


シチリアのお盆は死者の生きた日々を祝う日。




=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

0 件のコメント:

バッカラ・アッラ・ビチェンティーナ。

今日の料理はベネトのシンボル的1品。きのうのトウモロコシの産地、マラノは、正確にはマラノ・ビチェンティーノといいます。その名の通り、ビチェンツァ県にあります。 ビチェンツァは世界的天才建築家、パッラーディオPalladioが手掛けた世界遺産の町。 彼の建築様式はパッラーディオ様式...