2022年7月7日木曜日

牛乳を1滴たりとも捨ててはならぬ、というベネディクト会の教えからグラナ・パダーノは生まれた。

今日は、9月号を訳していて、一番記憶に残った文章を紹介します。
その記事は、『クチーナ・イタリアーナ』のチーズについてのものでした。
まず、最初の一文がかっこよかった。

「イタリアには500種類のチーズがある。そしてそのトップはパルミジャーノ・レッジャーノとグラナ・パダーノという双子だ。
似ているとはいっても毎日食べている私たちイタリア人は、両者の個性や違いを知っている。
この2種類のチーズのことをもっともよく知っていて、語る資格があるのは、グラナ・パダーノ管理組合とパルミジャーノ・レッジャーノ管理組合だ」

パルミジャーノとグラナ・パダーノの違いを、イタリア人はどう説明するのかと思って楽しみに記事を読み進めていたら、グラナ・パダーノ管理組合の会長が、このチーズの誕生について、こう語っていました。
グラナ・パダーノはキアラバッレの修道院で、ベネディクト会の修道士によって、1135年ごろ誕生した。
ベネディクト会には、貧しい農民のためにミルクを1滴たりとも捨ててはいけない、という教えがあった。そのため、数か月から数年の熟成に耐えて長期間食べることができる硬質チーズが考え出されたのだ。
キアラバッレの修道院

記憶に残った言葉は、ミルクを1滴たりとも捨ててはいけない、というベネディクト修道会の教えです。
ちょうど日本では、コロナで牛乳が余って廃棄するとか言っていたころです。
牛乳の有効利用方法を考え出したベネディクト会は素晴らしい。
ちなみに、ロックダウンによってイタリアではチーズの消費量が対前年比27.2%もアップしました。

グラナ・パダーノができるまで。

パルミジャーノ・レッジャーノも長期間保存できるチーズを作ろうとして修道士が考え出したチーズです。
両者がどんなチーズかは、1951年にヨーロッパの酪農家の間で名称と特徴を正確に定める、という決まりができ、生産地区や飼料、製法などが詳しく定められたのでした。
ヨーロッパという様々な国が陸続きの地域では、ズバッと明確に決めることが重要なのかも。
パルミジャーノ・レッジャーノは製造地区や熟成期間などの規定がグラナ・パダーノより厳しく、それが値段にも影響しているようですが、牛の餌についても、パルミジャーノ管理組合の考えは、かなり厳しい。
管理組合の創設者の前会長は、1930年代、サイロで保存した飼料の使用に反対していた。
これは、安ければいいではなく、上質のものは値段が高い、というイタリア人のアルティジャナーレな製品に対する考え方を示すいい例になっている。
例えばパスタは、グラニャーノのパスタや量産型パスタより高い。パルミジャーノも、グラナ・パダーノより高いが、これは、サイロで保存した飼料は使わない、などの考え方の結果だ。
パルミジャーノ・レッジャーノの原料は、ミルク、塩、凝乳酵素(カード)の3つのみ。ミルクは乳酸発酵を活発にするために加熱処理しない。微生物の構成には干し草など、産地の環境や牛の食べたものが影響する。パルミジャーノ・レッジャーノはすべて自然な状態で造られ、保存料などは使用しないことを強調している。
サイロの飼料を使うと生産コストは削減できる。パルミジャーノは地元の干し草を主体に与えている。最低50%はミルクの生産者と同じ生産者が製造したもので、最低75%は同じ現産地のものを使うことになっている。ミルクの製造地区はもパルミジャーノ・レッジャーノの一部の製造地区を除き、パダナ平野と定められている。この地区の中に、牛乳の製造、チーズの製造所、熟成庫、パッケージの加工場がある。

パルミジャーノ・レッジャーノができるまで。

イタリアのパルミジャーノ・レッジャーノとアメリカのパルメザンチーズの違いは・・・。
管理組合の厳しい規定とは、まったく無縁の製品。

パルミジャーノのミルクの生産者。


熟成期間とか色々あるけど、牛がどこで何を食べて牛乳を出したかが重要なんですね。


=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年7月6日水曜日

シュペッッレは北イタリアより北の中央ヨーロッパで小麦粉がどう調理されたかを知ることができる料理。

シュペッツレは麺と言うよりゆるい生地で作るニョッキの一種。
軟質小麦粉と水を混ぜた生地を熱湯に落として固めます。スープの浮き身にしたり、肉料理に添えて肉汁をからめて食べます。

今までずっとイタリア料理のことを調べてきたので、
こうやってたまにドイツ料理の歴史を知ると、とても新鮮です。
ドイツとイタリアは、こんなにも違う文化の国だったんですね。ドイツは北イタリアよりさらに北の中央ヨーロッパ。
トレンティーノは、歴史的にはローマ帝国が長い間支配していましたが中世には司教領となり、後にハプスブルグ家の領土になります。
シュペッッレは料理の付け合わせとして普及したものなので、シュペッツレに添えるドイツ料理に合わせるために、この料理は考え出されました。
ミュンヘンはドイツ南部の州、バイエルンの州都で、ベルリン、ハンブルグに次ぐドイツで3番目に大きな都市。

ミュンヘンの食文化。


シュペッッレを初めとするドイツの食文化を受け継いだイタリアの北の山の地方、トレンティーノ。トレンティーノ料理。
下の動画のシュペッツレはほうれん草とバジリコ入りのかなり緑色のものですが、今月の(CIR)のスイスチャードのシュペッッレ(リチェッタはP.4)も負けないぐらい緑です。

スイスチャードはイタリア語ではピエタbieta、ビエトラbietraなど。日本語では普段草。地中海原産の野菜の一種。

下の動画はビエタ・ダ・コステbieta da costeと呼ばれる品種の下ごしらえ。

・コステを葉と茎に分け、茎は縦に半分に切る。葉の大きなものは葉脈に半分まで切込みを入れる。
・重曹を加えた水に10~15分浸す。
・これを茎、葉の順で15~20分蒸す。葉は10分蒸す。
・フライパンに油、唐辛子、アンチョビ2~3枚を熱し、普段草を加えてなじませる。

(CIR)のリチェッタではシュペッッレの生地にイタリアンパセリやチャードのゆで汁を加えて濃い緑色にしています。
ドイツ料理が一気に地中海料理になります。

=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年7月5日火曜日

ドイツではちょっと形がいびつな麺ができても、自家製手作り麺の証明と胸を張る。でも、シュペッツレは手で生地に全く触らない麺でした。シュペッツレマシーンで作ります。

    今日の料理はトレンティーノのプリーモ、スイスチャードのシュペッツレです。

トレンティーノは一般的なイタリアのイメージからは遠く離れた山の世界。
別名南チロルとも呼ばれ、リンゴとスペックがおいしいくてスキーやウインタースポーツの本場でドイツにとても近い地方です。
トレンティーノ

トレンティーノ地方の料理。
3位に選ばれていたのがシュペツレspätle。

イタリアでは滅多にお目にかからない料理で、シュペッツレのリチェッタを訳すことはほとんどありませんが、ドイツではあらゆる料理に付け合わせとして添えられていたような記憶があります。
ドイツ料理はドイツ語で。でも、残念ながら何言ってるか全然わからない。

基本は小麦粉、卵、水の生地で、これをおろし金のような穴の開いた型を通して熱湯に落としてゆでます。他にも刀削麺のように削る方法などいろいろあります。
シュペッツレの型はシュペッツレマシーンだって。ドイツ語で言うと、どんなマシンなのか期待感が高まるなあ。ちなみに英語だとシュペッツレメーカー。テンション下がる~。

おまけの動画は、ドイツ系テクノバンド、スノッグのシュペッッレ・マシーン。



リチェッタの日本語訳は今月の(CIR)P.4です。

トレンティーノ風シュペッツレ。


今回は、まず麺に注目してみてみました。次回はソースです。

=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年7月4日月曜日

バッカラ・マンテカートのキーワードは軽くてマイルド。戻すのに手間がかかるのでオステリアで食べる料理になった。

今日の(CIR)の料理はP.3の前菜でビーチで食べるのにぴったりの1品、“バッカラ・マンテカート”baccalá mantecato”です。
バッカラはメルルーサを天日と風で干したもの。イタリアではもっとも一般的な魚の保存食だが、原料となるメルルーサは地中海産のものではなく、北の海で採れる。
海洋共和国として強力な力を持っていたベネチアは、バイキングの時代から北欧の干し魚を取引していた。新大陸発見後はカナダ産がヨーロッパに大量に出回るようになる。おもな輸入先はイタリア、スペイン、ポルトガルだった。
これらの国々からも想像されるのが、キリスト教との結びつきだ。金曜日と四旬節の間は肉を食べない、というキリスト教の教えのおかげで、バッカラは海に面していない地方や内陸にも普及した。そして安価で味もよいバッカラは、あっと言う間に国民食となる。ただ、戻すのに時間がかかるのが欠点だが、そのおかげで家庭料理というよりは、トラットリアやオステリアで食べる料理となった。
ベネチアの名物として知られるバッカラだが、ジェノバやメッシーナ、アンコーナのストッカフィッソのような強い味を生かしたものと違い、ベネチアのバッカラ料理はできるだけマイルドで口の中で溶けるような味にするのが好まれる。
バッカラ料理は弱めの火でじっくり加熱するのがポイント。
バッカラ・マンテカートは、バッカラの最もマイルドな料理。
下の動画はベネチア風バッカラ・マンテカート。
付け合わせのポレンタまで作るとなると、家庭では絶対無理。


クロスティーニかポレンタを添えるのが一般的だが、セロリに詰めて前菜にしてもよい。
歯ごたえの違いが楽しい1品。
ヴィチェンツァの有名レストラン、ダ・レーモDa Remoの名物料理、バッカラ・アッラ・ビチェンティーナbaccalá alla Vicentina


=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年7月3日日曜日

カタツムリのリチェッタのアップ数がえげつないところを見ると、イタリア人はかなりカタツムリが好きらしい。

それでは今日は、ロンバルディアのカタツムリ料理をどうぞ。

ルマーケとエルベッテのウミド。

・カタツムリは小麦粉とビネガーで時間をかけて下処理して下ゆでしてあります。
・バターと油で香味野菜をソッフリットにし、アンチョビとカタツムリを加えて炒める。白ワインをかけてアルコール分を飛ばし、塩、こしょう、下ゆでしたエルベッテを加え、必要なら野菜のブロードをかけながら2時間煮る。
・ポレンタを添えてグラナを散らしてサーブする。
北イタリアのカタツムリにはポレンタを添えるのがお約束。
さらにトマトソースで煮るとイタリア感強めに。

カタツムリのトマトソース煮

念のため、エスカルゴ・ブルギニヨンも。


エシャロット、イタリアンパセリ、にんにくのみじん切りをバターと混ぜてカタツムリに詰め、220℃のオーブンでコニャックを振りかけて10分焼く。

今月の(CIR)のリチェッタは、カタツムリのブラザートです。(P.2)下ゆでしたカタツムリをトマトソースと香味野菜のブロード、バルサミコ酢で煮込んだもの。

カタツムリ料理のバリエーション。
ベーコンやパンチェッタ巻いて串刺しにし、フライパンで焼くスピエディーニ、小麦粉をまぶして揚げるフリットあるいはスライスしてシンプルにオイル、ビネガー、塩、にんにく、イタリアンパセリで調味するサラダ仕立て、などがあります。
なんだかロンバルディアのオステリアのメニューにぴったり。

おまけのリチェッタ1品めは、グリルド・ポレンタ、生ハムのミラノ風前菜。

2品めはゴルゴンゾーラソースのポレンタ。

使う食材がお手軽価格だとリチェッタの動画のアップ数がすごいことになるようです。
高級なグルメの食材だと思ってたけど、庶民に愛されてるんですね。カタツムリ。

=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年7月2日土曜日

カタツムリを食べる習慣は消えたが、今ではカタツムリはイタリアのスペチャリタ。

今月のアンティパスト、2品目は、エスカルゴです。
エスカルゴescargotはもちろんフランス語、イタリア語では、ルマーケlumacheです。
イタリアでは、エスカルゴはミラノ料理として知られています。
グイド・トンマージの地方料理シリーズのミラノ料理の本、『クチーナ・ミラネーゼ

には、《カエルとカタツムリ》という章があります。
そして約20ページに渡って、カエルとカタツムリの料理のリチェッタが繰り広げられています。
この本によると、カエルはロンバルディア料理の歴史的なシンボルの一つで、街の周辺の田んぼではよく見かけたそうで、リゾットやフリッタータ、グアッゼットにして食べたそうです。2つの戦争の間に激減しましたが、今は主に中国から輸入されているそうです。
国産品の人気は相変わらずのようですが、国産品はかなり入手困難なようです。
今ではカエルのことを語れるのはミラノの魚市場の老カエル商人ぐらいだそうです。

ミラノの巨大な魚市場。イタリア最大で世界中から魚が集まる↓

ミラノの魚市場は海からは遠く離れていても空港には近い。商品の65~70%は外国からの輸入品。つまり国産品は35~30%。

ロンバルディアの米どころ、ノヴァーラの伝統的カエル料理。

さて、問題はカタツムリです。
どうやらカタツムリを食べる習慣は、かなり昔に消え去ったようですが、フランスとイタリアでは、美食のシンボルとなっています。
イタリアで食用にされるカタツムリは主に2品種。
下の動画はその一種、helix pomatia。

ミラノでは主に煮込みや白ワイン煮にします。
鉄分が多い食材だそうです。
当然ながら、プロのシェフたちは生きているカタツムリを仕入れて料理します。素人はもちろん下処理済みで下ゆでしたものを買ってきます。
下処理がまずいと土の風味が残るそうです。

イタリアには北イタリアを中心に、色んな場所にカタツムリを養殖している人がいます。カタツムリの養殖は簡単ではなく、養殖方法には厳格な技があるそうです。
もはやカタツムリはイタリアのスペチャリタになっていました。
下の動画はカタツムリの養殖場。マドニータ法という世界中に知られる養殖方法を考え出した養殖場です。

次回はリチェッタです。


=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年7月1日金曜日

ポレンタは焼き色を付けただけで、ご馳走になる。

今日から(CIR)9月号のリチェッタの話です。
まず、アンティパスト1品目は、ポレンタ・ドゥーラ。
リチェッタの日本語訳は(CIR)P.2。
ポレンタは、一言で説明すると、とうもろこしのお粥です。

最高のポレンタの粉の産地として知られるトレンティーナのストーロ渓谷のポレンタ祭り↓

水と粉と火があれば手軽にできて、熱く、柔らかく、腹持ちが良い料理として、古代ローマ時代には普及していました。
ポレンタはトウモロコシの粉で作るものというイメージですが、アメリカ大陸発見前から存在していました。粉はソラマメ、チェーチ、大麦、ファッロなどの粉が使われました。

-ポルチーニ入りファッロのポレンタ↓

材料
ファッロのセモリーノ・・500g
水・・2ℓ
塩、EVオリーブオイル
生や冷凍、乾燥ポルチーニ・・200g
にんにく・・2かけ
イタリアンパセリ、グラナ

・フライパンにEVオリーブオイルとにんにく2かけを熱し、焼き色がついたら取り除く。ポルチーニを加える。
・その間に水2ℓを沸騰させ、油と塩少々を加える。沸騰したらかき混ぜながらファッロの粉を振り入れてダマができないようにかき混ぜる。火を弱めて25~30分煮る。
・ポルチーニに塩とイタリアンパセリのみじん切りを加える。半ばで水少々を加える。20分煮て火を止める。
・ポレンタが煮上がる5分前におろしたパルミジャーノ150gを加えて混ぜ込む。
・こしょうとポルチーニを炒めた油少々、ポルチーニ少々を加えて混ぜ込む。
・セルクルを使って皿に盛り付け、ポルチーニをのせる。グラナの薄片とイタリアンパセリを散らしてサーブする。

コロンブスによってトウモロコシが新世界から伝えられると、食の世界に革命が起きました。
とうもろこしは鍬も使わずに栽培できて、たった3か月で収穫できました。どんな植物よりも豊かに実りました。
イタリアに伝わったとうもろこしは、べネトをはじめとする北部や中部に広まり、基本的には北イタリアの食材と考えられています。

ポレンタは18世紀の民衆の主食となります。そのため、農民の間ではナイアシンが欠乏するペラグラ病が蔓延しました。必須アミノ酸の一つのナイアシンの額有量が少なかったのです。でも、原因が分かり、調味料などで栄養分を補うようにしてこの問題は解決します。
ポレンタの食べ方は地方によって違いました。
ラツィオやアブルッツォでは柔らかいポレンタを食べますが、ベルガモやヴェローナでは固めたポレンタを食べます。
粉の細かさや水の量によってポレンタの堅さは変わります。出来立ての香ばしい熱々や、ニョッキにしたり、オーブン焼きのパスティッチョにしたり、冷ましてオーブンで焼いたり、フリットにすることもできます。
トウモロコシの粉にはグルテンがないのでそのままではつながりません。バターや卵、コーンスターチ、他の粉などでとろみをつけることはできます。こうして作ったドルチェは各地にたくさんあります。
黄色いとうもろこしの粉は、別名黄色い金、と呼ばれます。この黄色は、ゼアキサンチンという抗酸化作用がある色素で、カルシウム、亜鉛、カリウムなどのミネラルが豊富です。動物性たんぱく質と組み合わせると良質の栄養源になります。

ソフトポレンタ↓


ポレンタ・ドゥーラ、別名グリルド・ポレンタ↓
ただポレンタを固めてグリルで焼いただけなのに、黄色い麺についた縞々の焼き色は、香ばしそうで美味しそう。これにパルミジャーノの小片を添えただけで、ご馳走です。

ベネチアでワインのつまみと言えば、チケッティ。チケッティのベースのポレンタもポレンタ・ドゥーラ。
ベネチアのポレンタは、基本は白。白いポレンタは魚に合います。下の動画のポレンタは焼かずに冷まして固めたポレンタがベース。

ポレンタは、こんな涼しげな渓谷の名物でした↓



=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年6月30日木曜日

(CIR/クチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)2020年9月号。暑さしかない8月の貴重な祝日。フェッラゴスト。

ブログの投稿先を間違えて、行方不明になっていたので、きのうのブログを再投稿です。

今月の(CIR/クチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)は9月号。

イタリアでは9月はバカンスシーズンが終わって、夏の楽しい思い出にまだどっぷり浸っている最中。

(CIR)9月号の最初のお題は、フェッラゴストferragostoです。8月15日の祝日。この日は家族や親たちが集まって、食事をしたり、ピクニックやバーベキューをしたりと、何やら楽しげな日ですが、キリスト教的には聖母マリアの被昇天。ローマ帝国的には初代皇帝アウグストゥス帝の祭りが起源。そもそも英語の8月augustの語源は彼。

言い換えれば、1〜2週間の有給休暇を過ごす祝日です。短期の祝日に庶民が出かけるのは近場のビーチ。カプリとかアマルフィといった国際的な高級リゾートじゃない。別の言い方をすれば、この時期は暑さ以外に何もないそうです。都会は空っぽになります。

コロナ禍の2020年はビーチで騒ぐわけにもいかず、マスクの着用も求められていました。でも暑い時期には夜は街に出て涼む、というのがイタリアの人々の日常。

夜に広場に出されたカフェのテーブルでグラニータを食べるなんて最高。

フェッラゴストの過ごし方。


2020年のフェッラゴスト。
今月号の(CIR、P.21)には、
「フェッラゴストが過ぎるとビーチの喧騒は去り、太陽は穏やかになって、空気は涼しくなる。ビーチにシートとテーブルを運んで、家で料理を用意してクーラーボックスに詰め、ピクニックをする季節だ・・・」とあります。

シチリアの暑い夏の必需品、レモンのグラニータ。

イタリアの夏の暑さを思い出しました。ローマで遺跡を歩き回っていたら仲間が軽い熱中症状態になるし、半袖でひと夏過ごした時の土方焼けはその後数年経っても消えなかったし、ジェノバやミラノでも、熱くてバールを見かけてはレモンソーダをがぶ飲みしてました。
あの暑い夏の過ごし方は、南イタリア人はよく知ってるはず。

=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
Riso
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年6月27日月曜日

インサラータ・カプレーゼは食材にどこまでこだわるかで違いが出る料理

あまりの暑さにもう7月だと思っていたら、まだ6月だった。
こんなに暑い日には、火を使わない夏の定番イタリア料理、インサラータ・カプレーゼなんてどうでしょう。
あらかじめお断りしておくと、この料理がなぜカプレーゼと呼ばれるのかは、わかっていません。
現実的な説では、1950~60年代に、映画やカンツォーネによってカプリのロマンチックな情景やセレブのリゾートとしての姿が有名になり、カプリ風、という響きが観光客受けしたのがヒットの理由だろう、とのこと。
カプリは確かに素敵でゴージャスなリゾート地ですが、セレブ感が強すぎて、庶民にはちょっと鼻につく。アマルフィとセットで回ると一財産使い果たすかも。

そんな田舎者のお上りさんにはいくらぼったくられるか分からない恐怖の国際的リゾート地でも、インサラータ・カプレーゼは、比較的安心して注文できるメニューかも。
何しろ、トマトとフィオル・ディ・ラッテとバジリコのサラダですからね。

下の動画には、こんな庶民的なカプレーゼを高級で高価な一品にするポイントが説明されています。
その一つは、食材にこだわること。
例えばトマトは、最低限のこだわりは、スーパーで買う時は、果肉が厚くて熟した、同じ大きさのものを選ぶこと。
これをフィオル・ディ・ラッテ、つまり水牛でなく牛乳のミルクのものと同じ厚さの輪切りにする。熟していないものは余分な水分が出ないが、熟していると水分が出るのでシートでたたいて軽く水気をふき取る。フィオル・ディ・ラッテの水分も同様にして皿がびしょびしょにならないようにする。またはざるに入れて30分水気を切る。
シンプルな料理なので食材は上質のものを選ぶ。特にフィオル・ディ・ラッテとEVオリーブオイルの品質は出来上がりを左右する。バジリコは手でちぎる。
カプレーゼのモッツァレラの量はトマトの重さの半分が目安。


=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
Riso
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年6月25日土曜日

ナポリでは唐辛子だけどアマルフィの幸運のシンボルはロバ。狭くて急な山道の交通手段として地元の暮らしには欠かせなかった。

(CIR9月号)は6/29発売予定です。
ただいま、仕上げ作業中。

この暑さの中でアマルフィの動画を見てると、一足先にバカンス気分ですが、
今日はアマルフィの有名店の動画でも見て、行く前の予習でも。
リストランテ・ラ・カラヴェッラLa Caravella。
webページはこちら
60年代にミシュランの星を獲得した最初のレストランで、今も保っているこの星は、イタリアで一番古い星、と言われています。料理は、魚、野菜、レモンを使った地元の中世から続く歴史のある料理を現代版に再現したもの。

動画にはアマルフィ名物の陶器のロバのコレクションが映っていますが、アマルフィのロバは急な狭い斜面の大切な交通手段でした。ロバの陶器にはお守りの意味もあったそうです。

アマルフィ海岸の陶器の街、ヴィエトリ・スル・マーレの陶器店にはかわいいロバの陶器がたくさん。
結局、観光客のアマルフィ土産の中には、カラフルなロバが1頭まぎれていることになる。

ヴィエトリ・スル・マーレの町と陶器。

次はマイオーリのカプリの離れ岩が見えるレストラン、イル・ファーロ・ディ・カーポ・ドルソIl Faro di capo d'Orso。
店のwebページはこちら


=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
Riso
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年6月23日木曜日

海の絶景を眺めながら山の幸を堪能できるのがアマルフィ海岸。

もうすぐ(CIR)9月号発売です。
今日は、アマルフィのおまけ動画をどうぞ。
アマルフィで食べたいアマルフィ料理は、デリツィエやネラノ風ズッキーニのパスタなど、まだ色々ありますが、
マイオーリのレストランのシェフたちの料理でもどうぞ。
まずはアマルフィ海岸でも抜群に眺めのいいテラス席があるTorre normanne。
こんなロケーションの店↓

アマルフィ海岸の注目パスティッチェリーエ、二コラ・パンサ。
アマルフィのドルチェは新世代が台頭していた。




=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
Riso
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年6月21日火曜日

巨大タコはグリルしてバーベキューに、小さなタコはアッフォガートしてパスタに。その中間はルチア風。

今月の(CIR)の記事から、最後はタコです。
タコの様々な調理の仕方を紹介する記事です。
リチェッタは、グリル、オーブン焼き、ゆでてサラダ、赤ワイン煮を紹介しています。
タコはナポリの名物食材なので、このところ取り上げていたお題に沿って、今日取り上げるのはナポリのタコのパスタです。
タコと言えばアッフォガートですが、パスタの場合は小さなタコを使うので、大きなタコのアッフォガートとは違って、ソッフリットにします。

ナポリのタコは大きさによって料理も違います。

クチーナ・ディ・ナポリ

に載っているタコのパスタは、タコのアッフォガーティのスーゴのベルミチェッリVermicelli con sugo di polpi affogati。
1杯50~80gのタコを使います。

タコのアッフォガートのパスタ

材料/4人分
小ダコ・・1㎏
ホールトマト・・500g
にんにく、EVオリーブオイル
イタリアンパセリ、塩、唐辛子
リングイーネかスパゲッティ・・320g

・タコを下処理する。
・全部の材料(タコ1㎏につきトマトは400g)を鍋に入れてソッフリットにし(皮が取れる)、動画ではトマトを裏漉ししているが粗く切って加えてもよい。蓋をして水は加えずに弱火で45分煮る(トマトの缶に残った汁を水で溶いて加えたりしない)。
・パスタをゆでる。
・タコが煮上がったらにんにくを取り除いてイタリアンパセリのみじん切り、唐辛子(好みで)を加える。

もうちょっと大きな(500~700g)タコのアッラ・ルチアーナPolpo alla luciana。

・フライパンに油、潰したにんにく、唐辛子を熱し、にんにくに焼き色がついたらタコを入れてさっとソッフリットにする。
・白ワインをかけてアルコール分を飛ばし、裏返して水気を飛ばす。
・半分に切ったミニトマト、トマトのパッサータ、水少々を加え、蓋をずらしてのせて中~弱火で約40分煮る。
・煮上がる10分前にオリーブとケッパーを加える。
・塩味を整え、仕上げにイタリアンパセリのみじん切りを散らす。

(CIR)のリチェッタは、なすと一緒にグリルしたり、オーブンで焼いてポレンタを添えたり、じゃがいもと一緒に赤ワインで煮たりと、定番以外のなすのリチェッタを各種紹介しています。

巨大なタコのグリル。

さすがに司会者の手には負えなくて料理人登場。

=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
Riso
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年6月20日月曜日

コラトゥーラのパスタの基本はマンテカーレ。だからパスタはブロンズのダイスを通したものが必須。

今日はアマルフィ名物、チェターラのコラトゥーラのパスタなんてどうでしょう。
シンプルでパスタをゆでる以外は火を使わない基本的なリチェッタ。

ソースの材料をボールに入れて乳化させる作業は、フライパンであおるのが苦手な人にはナイスなアイデア、と思ったら、皿でマンテカーレするリチェッタもありました。

チェターラのリストランテ・アクアパッツァの
コラトゥーラのスパゲッティのspaghetti con colatura di alici di Cetaraのリチェッタです。

・パスタは量産型のテフロンのダイスを通したものではなく、グラニャーノのパスタのようなアルティジャナーレなブロンズのダイスを通したものを使う。
・オリーブオイル、イタリアンパセリのみじん切り、にんにくの薄切り、コラトゥーラ1人前小さじ1、パスタのゆで汁大さじ数杯を皿に入れ、ゆで上がったパスタを加えてよくマンテカーレする。仕上げに唐辛子と揚げたスパゲッティで飾る。
唐辛子で飾るで思い出しました。コラトゥーラのパスタはアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノのバリエーションの一つ。そして偶然ですが、きのう、知り合いと園芸店に行って、キャロライナ・リーパーという唐辛子の苗を、どこかで聞いた名前だったので、お勧めして買わせちゃいました。
帰ってきて、ギネス認定の世界一辛い唐辛子で、リーパーとは死神の大鎌のことだという事実を知って、軽くショックでした。
コラトゥーラのスパゲッティにキャロライナ・リーパーが刺さっていたら、気を付けてね。

チェターラのコラトゥーラはアマルフィのお土産としても人気のよう。



=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
Riso
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年6月19日日曜日

アサリのシャラティエッリならナポリでも、広まりそう。

きのうは、シャラティエッリのナポリのパスタとしての違和感の話をしようと思っていたら、逃げたアサリなんて名前のボンゴレのリチェッタを見つけてしまい、すっかり横道にそれてしまいました。
でも、アサリが高くて買えない時は、アサリを使わずにアサリ風味にするのがナポリ人です。
なのでミックスシーフードの生パスタは、たぶん、アマルフィでバカンスを過ごすようなお金持ちのための料理、と考えられても不思議はない。
この料理をもっとナポリ人向きにするには、どうしたらいいのか、
その答えが、『グランディ・クラシチ

という、イタリア郵便が出版した面白いイタリア料理の本にありました。
この本は傑作なのにすぐに売り切れたので、残念ながら今は手に入りませんが、イタリア人が自ら選んだ定番イタリア地方料理の本です。
この本のシャラティエッリは、“アサリのシャラティエッリ”Scialatielli con vongoleです。
リチェッタはアマルフィのトラットリア・リスポリtrattoria Rispoliという店のもの。


それでは本のアサリのシャラティエッリScialatielli con vongoleのリチェッタをどうぞ。

材料/4人分
《パスタ》
セモリナ粉・・500g+打ち粉
イタリアンパセリのみじん切り・・大さじ1
卵・・2個、塩
《ソース》
砂抜きしたアサリ・・500g
パキーノ・トマト・・10個
にんにく・・1かけ
イタリアンパセリ・・1房
EVオリーブオイル、塩

・パスタを作る。小麦粉をフォンタナに盛り、卵、イタリアンパセリのみじん切り、塩少々を加える。水を少しずつ加えながらこねてしまった均質の生地にする。
・丸めて布巾で覆い、最低30分休ませる。
・軽く打ち粉をした台で薄く伸ばし、巻いて幅0.5㎝に切る。打ち粉をした台で休ませる。
・その間にフライパンでにんにくを油でソッフリットにし、くし切りにしたミニトマトとアサリを加える。強火で熱して貝を開ける。パスタをアルデンテにゆでてソースのフライパンに加え、1分なじませる。皿に盛り付けてイタリアンパセリのみじん切りを散らす。

ミックスシーフードじゃなくても、安定のナポリ感。
これがアマルフィ版になるとこうなる↓

シャラティエッリのスーゴに何を入れるかは自由。下のリチェッタは小ダコ(モスカルディー二)のシャラティエッリ。

タコもナポリの象徴的な食材です。今月の(CIR)のシャラティエッリはズッキーニのクリーム、アサリ、ムール貝のスーゴでした。ズッキーニはミキサーにかけてクリームにして、アサリとムール貝のシャラティエッリに加えます。野菜のソースのシャラティエッリもありです。

メインの食材が逃げちゃうのは南イタリアの料理いうわけでもなく、ロンバルディアのベルガモには、逃げた小鳥Uccelletti scappatiという豚肉料理もあります。


材料/
豚ロース肉・・600g
薄くスライスしたパンチェッタ・・100g
厚切りのパンチェッタ・・100g
バター・・70g
セージ、塩、こしょう

・ロース肉を薄く切って平らにする。
・その上に薄切りのパンチェッタと小さくちぎったセージをのせて粗挽きこしょうをたっぷりかけ、インボルティーニに巻く。
・厚切りのパンチェッタを細く切る。これをインボルティーニに入りて巻いてもよいし、ここではセージと一緒に他のインボルティー二との間にはさんで串に刺す。
・付け合わせのソフトポレンタを約45分煮る。または付け合わせはじゃがいものピューレでもよい。
・スピエディーニをバターを熱したフライパンで強火で焼いてポレンタの上に盛り付ける。

=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
Riso
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年6月18日土曜日

ナポリではアサリが高価すぎて手に入らない時は、アサリが入らないボンゴレを作った。その名も逃げたアサリ。

アマルフィ生まれのパスタ、シャラティエッリは、生麺のシーフードパスタで、ナポリのパスタとしてはちょっと異色。
そもそも、どケチなナポリ料理に、ミックスシーフードは、豪勢すぎるし・・・。
ナポリには有名なシーフードのパスタがあります。
ボンゴレです。
モダンな調理方法でパスタを作ることで知られるイグレス・コレッリシェフのボンゴレ。

・熱したフライパンにアサリを入れ、数秒後にワインをかけて蓋をする。
・貝が開いたら取り出し、汁は濾す。
・アサリのブロードを作る。玉ねぎ、セロリ、にんじんを油でソッフリットにし、アサリの殻を入れて炒めて氷で覆う。こうして貝柱の旨味を出す。
・パスタをフライパンに入れてアサリのブロードで覆い、ブロードをかけながらリゾッタートの方法でゆでる。
・パスタが2/3ほどゆで上がったらアサリを加え、レードルとトングを使って皿に盛り付ける。アサリをのせてパルミジャーノを散らし、オイルをかける。

ところが、かつてナポリではアサリさえ高価な食材でした。
イタリアでは、メインの食材が高価すぎて手に入らないとき、“逃げた”とつける便利な料理名があります。
実は、逃げたアサリという名前の、アサリが入らないボンゴレが、ナポリにはあるのです。
ナポリ料理の本、『クチーナ・ディ・ナポリ

にはそのリチェッタがあるで訳してみます。

アサリのフユーテのスパゲッティ Spaghetti alle vongole fujute


材料/4人分

スパゲッティ・・400g
フレッシュトマト(冬ならピエンノロ)・・数個
にんにく・・3かけ
EVオリーブオイル・・大さじ5
イタリアンパセリのみじん切り・・たっぷり、塩

・パスタの湯を沸かす。
・その間に大きなフライパンににんにくと油を入れてソッフリットにする。
a.焼き色が付いたらにんにくを取り出し、トマトを加えて火を弱める。数分煮る。
・パスタをアルデンテにゆでる。
・フライパンにパスタとa、パスタのゆで汁少々、イタリアンパセリを入れて強火でマンテカーレし、すぐにサーブする。

※ソッフリットに砂浜の石を少量入れて海の風味を出す、なんて冗談のようなアドバイスが付いていました。
でも、これはまぎれもなくリゾッタートの調理方法。
超モダンな調理方法が、伝統料理のリチェッタに取り入れられていたとは、ナポリのお母さんは、かなり時代の先端を行ってたんですね。
それにしても、ナポリのリチェッタ、面白すぎる。

=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
Riso
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

2022年6月17日金曜日

ナポリのシャラティエッリは南イタリアのセモリナ粉の編み棒のパスタが全国区になってシンプルなタリアテッレやフェットゥッチーネになったもの。

今日はアマルフィの名物パスタ、シャラティエッリscialatielliです。
1978年とかなり最近考案されたパスタでも、アマルフィ名物になるほど有名になり、今ではナポリの伝統的食材の一つに入っています。
(CIR)8月号のリチェッタは(P.38)、ズッキーニのクリーム、アサリ、ムール貝の具のオリジナルのリチェッタです。

考案者はアマルフィ生まれのエンリコ・コゼンティーノシェフ。
料理の国際コンクールに出すために、家族のパスタをベースに考え出したそうです。
アマルフィはカンパーニア州にあり、ナポリにも近いので、このパスタはナポリのパスタと考えられがち。
でも、タリアテッレを短くした生パスタとシーフードの組み合わせのパスタは、ナポリのパスタと言うには、どこか違和感があります。

このリチェッタを考案したコゼンティーノシェフのシャラティエッリ。


ちなみにパスタはセモリナ粉に牛乳、卵、ペコリーノ・ロマーノ入り。
スローフードの『パスタ・フォルメ・デル・グラノ

によると、このパスタは、もともと編み棒に巻き付けて作るタイプのパスタでした。これならかなり南イタリアの伝統的パスタと言えます。
ところが、この料理が北イタリアに広まるにつれ、タリアテッレやフェットゥッチーネの一種、と解釈されるようになります。
そして現在は、かなりタリアテッレに近い姿をしています。
シャラティエッリの定番ソースはミックスシーフード。

上の動画の材料/2人分
《シャラティエッリ》
セモリナ粉か小麦粉・・300g
卵と牛乳・・計150g(液体は粉の50%)
バジリコのみじん切り・・3枚
ペコリーノ・ロマーノ・・150g
塩、こしょう
《スーゴ》
ピエンノロかピカデリーのミニトマト・・7~8個
イタリアンパセリ
塩抜きしたケッパー・・7~8粒
黒かグリーンオリーブ・・7~8個
トマトペースト・・小さじ1
にんにく・・1かけ
アサリ・・500g
ムール貝・・200g
ヤリイカ・・1杯
コウイカ・・1杯
モスカルディー二・・2~3杯
エビか車エビ・・5~6尾

・セモリナ粉、卵、牛乳、バジリコ、ペコリーノ、塩、こしょうをこね、ボールをかぶせて30分休ませる。
・厚さ2~3㎜に伸ばして細く切り、長さを半分に切る。
・にんにく、イタリアンパセリの茎、唐辛子を油でソッフリットにし、ムール貝、アサリ、水少々を加えて蓋をして開くまで熱して取り出し、汁を濾す。
同じフライパンにエビと白ワインを入れてさっと熱する。
・細く切ったイカを油で炒める。貝の汁、半分に切ったミニトマト、ケッパー、オリーブ、トマトペーストを加え、蓋をして30分煮る。
・パスタを加えてマンテカーレする。火を止めて貝とエビを加え、イタリアンパセリのみじん切りを散らす。


パスタをタリアテッレにすると、さらに違和感が強くなる。
シーフードのタリアテッレ。

伝統のパスタ、シャラティエッリに合わせるなら、スーゴもナポリならではのものでないと。
というわけで、アサリのシャラティエッリというのはどうでしょう。
リチェッタは明日です。



=====================================
イタリアの料理月刊誌の日本語解説『(CIRクチーナ・イタリアーナ・レジョナーレ)
Riso
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

牛乳を1滴たりとも捨ててはならぬ、というベネディクト会の教えからグラナ・パダーノは生まれた。

今日は、9月号を訳していて、一番記憶に残った文章を紹介します。 その記事は、『クチーナ・イタリアーナ』のチーズについてのものでした。 まず、最初の一文がかっこよかった。 「イタリアには500種類のチーズがある。そしてそのトップはパルミジャーノ・レッジャーノとグラナ・パダーノという...