2020年5月20日水曜日

ミシュランとナポリ料理の関係は、マックとアルタムーラのパン屋の関係に似ている。

総合解説」のナポリのグルメガイド(P.32)のビジュアルガイド。
ナポリのピッツェリアの次はトラットリアです。
店の住所は総合解説に載せました。

ナポリには、トラットリアも無数にあって、そのほとんどが半世紀以上続く家族経営の店。
伝統料理ならたいてい出しているのだそうで・・・。
見つかりません。
それでもどうにかこうにか見つけたのがこれ。 

ピッツェリア・リストランテ・ウンベルト。

webの情報が充実しているのは、どうしても高級店に集中。
上質の魚料理の有名店、テラッツァ・カラブリット。

そしてベリタス。ホテル・ロメオのミシュランの星付き店。

魚料理とナポリ伝統の乾麺のパスタがおすすめの店。

ベリタスのパスタ、マッケローニ・ラルダーティ。

最後は、ナポリ人の勝負店なのか、パラッッォ・ペトルッチ再登場。これがレストランのPVて、ほんとナポリ人、わからん。
店はミシュラン1つ星。
そういえば、ナポリのミシュランの星は全部で3つだそうです。
ただし、ナポリ県はイタリアで一番星が多い県。
ミシュランとナポリ料理は、マックとアルタムーラのパン屋ぐらい相容れないようです。

次回はもう少し庶民向けの店を紹介します。

-------------------------------------------------------
総合解説
 [creapasso.comへ戻る] 
 =====================================

0 件のコメント:

日曜のディナーに招待された時の手土産の定番は、パスティッチェリアの盛り合わせのトレー。日曜日のグアンティエーラと呼ぶ美味しい習慣です。

新入荷の本、 “ ブランカート・クチーナ・シチリアーナ ”シリーズ 『 パスティッチェリア 』 をご紹介していますが、この本を見る度に感じていた疑問が、パスティッチェリアというタイトルだけど、この本はドルチェの本。 なぜわざわざパスティッチェリアと名付けたのか・・・。 パスティッ...