2020年5月13日水曜日

スフォリアテッラの聖地、サンタ・ローザ修道院とパスティッチェリア・ピンタウロ

1001specialita
スフォリアテッラの話です。
スフォリアテッラとは、イタリア料理の百科事典1001スペチャリタ・デッラ・クチーナ・イタリアーナ』によると、ナポリでとても愛されているドルチェ。
サレルノからアマルフィ海岸にかけてのカンパーニア地方のドルチェ。
17世紀にサンタ・ローザ・デ・リマ・ディ・コンカ・デ・マリーニの修道院で作り出されたと言われている。


アマルフィ海岸の修道院は、ロケーションの素晴らしさから高級ホテルになっているものが多いけど、ここもそのようです。

コンカ・デ・マリーニ

ここのビーチは海からしか行けない。
こんな素晴らしいロケーションで、修道女が、牛乳で煮たセモリナ粉の残り物にドライフルーツ少々を加えて、薄いパイ生地で、修道士の頭巾の形に包んで作り出したのが、スフォリアテッラ。
サンタ・ローザ修道院とその近隣のスフォリアテッラのイベント。
アマルフィにはこんなパラダイスがまだ隠れていました。

やがてこのドルチェの評判はナポリまで届き、パスクアーレ・ピンタウロが知ることとなります。
ナポリのドルチェの殿堂の1つ、ピンタウロの創業者です。
リチェッタに改良を加えたピンタウロは、自分の店で販売を始めます。
結局スフォリアテッレは大成功を収めます。
そしてその成功は現在も続いています。
スフォリアテッレの聖地となったピンタウロの店。

修道院のスフォリアテッラ


私は、こんな歴史や2種類あるリチェッタのことなど何も知らずにスフォリアテッラを口にして、あっという間に虜になりました。
リチェッタは次回に。


-------------------------------------------------------
総合解説
 [creapasso.comへ戻る] 
 =====================================

0 件のコメント:

日曜のディナーに招待された時の手土産の定番は、パスティッチェリアの盛り合わせのトレー。日曜日のグアンティエーラと呼ぶ美味しい習慣です。

新入荷の本、 “ ブランカート・クチーナ・シチリアーナ ”シリーズ 『 パスティッチェリア 』 をご紹介していますが、この本を見る度に感じていた疑問が、パスティッチェリアというタイトルだけど、この本はドルチェの本。 なぜわざわざパスティッチェリアと名付けたのか・・・。 パスティッ...