2020年4月26日日曜日

家庭料理の基本の1品、トマトのオーブン焼き

さて今日は、トマトのグラティナーティです。「総合解説」2018年5/6月号P.15

トマトのオーブン焼き

半分に切ったトマトをオーブンで焼いたりグリルするこの料理は、イタリアの基本の家庭料理の1品。

ユニークな家庭料理の本、『マンマミーア

には、詰め物をしない、基本中の基本のとてもシンプルなリチェッタがありました。

トマトのグリル、タイム風味オイルがけ/pomodori grigliati con olio profumato al timo

材料/4人分
熟した締まった赤いトマト・・8個
レモンタイム・・2枝
EVオリーブオイル・・大さじ4
にんにく・・2かけ
粗塩、こしょう

a.フライパンに油とにんにくを高温にならない程度に熱し、冷まして香りをつける。 レモンタイムを加える。
・トマトを2つに切って軽く粗塩を振り、水分を出す。
・切り口を下にして炭から5cm離して置いた網にのせ、6分焼いて裏返す。
・網を火の中心からやや遠ざけ、3~4分焼く。
・トマトをバットに入れてaの油をかけ、5分なじませてサーブする。

これは詰め物をしない、ベースのリチェッタ。
これに詰め物をするなら、バリエーションは無数にありますが、例えば、玉ねぎ、イタリアンパセリ、セロリのみじん切りをソッフリットにし、乾燥ポルチーニ、牛乳に浸したパン粉、塩、こしょう、パルミジャーノを加えます。
これをトマトに詰めてオーブンで焼きます。

トマト料理がなぜトスカーナ料理なのか、あれこれ考えてみましたが、1つ思いついたのが、これはクロスティーニやブルスケッタの逆バージョンなのかも、ということ。
パンにトマトをのせるブルスケッタは、トマトにパンをのせるとこうなるかも。

ブルスケッタ

質素な食材を、風味豊かでボリューミーな料理に替えるトスカーナ人の才能が活かされていそう。


-------------------------------------------------------
総合解説
マンマミーア
 [creapasso.comへ戻る]
 =====================================

0 件のコメント:

日曜のディナーに招待された時の手土産の定番は、パスティッチェリアの盛り合わせのトレー。日曜日のグアンティエーラと呼ぶ美味しい習慣です。

新入荷の本、 “ ブランカート・クチーナ・シチリアーナ ”シリーズ 『 パスティッチェリア 』 をご紹介していますが、この本を見る度に感じていた疑問が、パスティッチェリアというタイトルだけど、この本はドルチェの本。 なぜわざわざパスティッチェリアと名付けたのか・・・。 パスティッ...