2020年4月27日月曜日

ルネサンスのベスセラーファンタジーの作者が総督を務めた街の名物ドルチェ

トスカーナ料理の最後はデザート。
ズッパ・デッラ・アリオスト。
初めて聞いた名前だなー。
多分、ほとんどの人が、どんなドルチェか想像もできないはず。
リチェッタと写真は「総合解説」2018年5/6月号P.16にあります。
これを手がかりに、どんな料理か調べてみます。

まず最大の手がかりは、記事に書かれた短い説明。“アリオストとは、詩人のルドヴィコ・アリオストのこと”。

16世紀のイタリアの詩人のこと、知ってるはずないので、wikiで調べました(こちら)。
代表作は『恋するオルランド』あれ、聞いたことある。wikiによると、
ルネサンス期のベストセラーであり、「美しき姫と勇者の騎士との恋と冒険の物語」
魔法の楯や指輪、天馬などが登場する幻想的な物語。
魔法使いや怪獣のたぐいも頻出し、月へ旅行したりもする、今日ではファンタジーでおなじみのヒッポグリフなどが初登場したのはこの物語である。
とあります。
男性から女性に不思議な変身を遂げたエリザベス朝の貴族オルランドの四百年にわたる時空を越えた旅の物語だって。
1992年に(そんなに昔の映画だったか)ティルダ・スウィントン主演でイギリスで映画化された時、そのアバンギャルドさが話題になったので、私でも知っていました。
バージニア・ウルフの『オルランドー』を原作にして、益々難解な映画に仕上がっていました。

映画『オルランドー』トレーラー


アリオストは、エステ家の枢機卿に仕え、ガルファニャーナの総督になった人です。

ガルファニャーナとはトスカーナ州、ルッカ県の街。
このあたりにトスカーナのドルチェとの結びつきがありそうです。

ガルファニャーナ

ルネサンスのベストセラー作家の詩人が収めた街、ガルファニャーナの名物は、チェリー。

ガルファニャーナのさくらんぼは白い筋があるのが特徴。

料理の写真とズッパという名前から推理すると、ズッパ・イングレーゼの一種のよう。

ズッパ・イングレーゼ


ズッパ・ディ・アリオストを調べていましたが、話しはズッパ・イングレーゼに移りそうなので、きょうはここまで。

-------------------------------------------------------
総合解説
 [creapasso.comへ戻る]
 =====================================

0 件のコメント:

日曜のディナーに招待された時の手土産の定番は、パスティッチェリアの盛り合わせのトレー。日曜日のグアンティエーラと呼ぶ美味しい習慣です。

新入荷の本、 “ ブランカート・クチーナ・シチリアーナ ”シリーズ 『 パスティッチェリア 』 をご紹介していますが、この本を見る度に感じていた疑問が、パスティッチェリアというタイトルだけど、この本はドルチェの本。 なぜわざわざパスティッチェリアと名付けたのか・・・。 パスティッ...