2021年2月10日水曜日

BBQのデザートは、パーネ・エ・フルッタ。そう言えば、クロスティーニ、ブルスケッタ、フリゼッレと、イタリア料理はパンの前菜の宝庫でした。

何でも焼いちゃうバーベキューキングのディナーのデザートは、もちろん焼きます。
リチェッタは今月の「総合解説」P.37~。
デザートのベースはフルーツとパン。
焼くフルーツは、いちご、チェリー、桃。
BBQでいちご焼いてたら、びっくりするねー。
さすがにそのまま焼くのではなく、半分に切ってカルトッチョにして焼きます。
パンは桃のジュースのシロップを吸い込ませてからいちごと一緒に焼きます。
2品めはチェリー。
これもパンと一緒に焼いてクロストーニにします。
チェリーの汁が炭に落ちて、パンに軽いスモーク香が加わるんだそうですよ。
パンは小さなサイズのチャバッタ。
焼いたらギリシャヨーグルトを塗ってマラスキーノを散らしてからチェリーを載せて粉糖を振りかけます。
思ったより本格的なデザート。
最後は桃のグリル。
夏のディナーの締めくくりには比較的おなじみ。
下の動画はベーシックなグリルですが、「総合解説」のリチェッタは1つ星シェフのもの。
桃にモスカートを散らして焼きます。桃に詰めるホイップクリームはサンブーコの精油入り。

リチェッタを提供したのはジャガーのCMにもフィーチャーされるようなスターシェフ。クリスチャン・トメイシェフ。


でも、パンが出てきたあたりで気が付きましたよ。これはクロスティーニじゃないですか。
しかも、クロスティーニと言えば、トスカーナ。
トスカーナといえばBBQ大好き地方。

クロスティーニは農民の料理。
炙ったパンをスープやワインや、残り物で作った料理に浸して、パンくず一つ残さないように食べました。

ブルスケッタやフリゼッレもクロスティーニの仲間。手で食べるパンの前菜。
イタリア料理にはこのタイプの料理多いですよね。

パンとフルーツのブルスケッタ


トスカーナ料理のお薦め本、『クチーナ・トスカーナ

ルフィーノのトスカーナ



-------------------------------------------------------
総合解説
 [creapasso.comへ戻る] 
 =====================================








0 件のコメント:

プーリアやカラブリアなど南伊各地の食文化も取り込んでいるシチリア料理。

なんとなく地味な気がして紹介していなかった本、 『 ピアッティ・ディメンティカーティ 』。 ちょっと読んでみたら、イタリアのじいちゃんばあちゃんたちの自慢の料理が、イタリアも日本も、親戚はおんなじだなあ、とほっこりするエピソードと共に語られていいて、なかなかいい本ではないですか。...