2021年2月9日火曜日

地中海の植物は、葉っぱも枝も使える。リモンチェッロはレモンの葉っぱでもできる。

バーベキュー・キングなんて二つ名がついたシェフは、きっと朝から晩まで焼くことを考えているんだろうなあ。
だから、パスタも焼くし、デザートも焼きます。
イカは、ローリエの枝に刺して焼き、スズキはレモンの葉に包んで焼きます。
リチェッタは今月の「総合解説」P.34をご覧ください。

ローリエもレモンも、地中海を象徴するハーブと柑橘フルーツ。
庭で育てておけば、枝や葉っぱのこんな使い方もあるんですね。

ローリエの葉に含まれる油にはストレス軽減とリラックス効果が↓

ローリエの栽培

伸びた枝を選定したら、葉を取って枝を串がわりに。
これを開いたイカに刺して焼けば、イカのローリエ焼き。

リモンチェッロはレモンの葉からもできる↓
味はレモンで食ったものと同じ。
それだけ葉には精油がたっぷり含まれている。
ただしさすがにあの黄色は出ない。
この葉でスズキなどの切り身を挟んで身を保護しながら焼く。

レモンの葉のリモンチェッロlimoncello fatto con foglie di limone


材料/500ml分
無農薬のレモンの葉・・15枚
90度のアルコール・・250ml
水・・250ml
砂糖・・200g

・葉を摘み取り、流水で洗って乾かす。
・密閉容器にアルコールと葉を入れ、葉が常にアルコールに浸るように重石をのせる。
・蓋をして冷蔵庫で48時間漬ける。
・水と砂糖を中火で5分にて煮て冷まし、シロップにする。
・ガラスの密閉容器に葉を漬けたアルコールとシロップを入れ、ボトルに移し、冷蔵庫で30日寝かせる。

レモンの葉15枚で作るリモンチェッロ。
もったいなくてレモンの葉っぱはもう捨てられない。
ベランダで鉢で育てるレモン。


育てるのは大変かもしれないけど、育てたら使いみちはたくさんある地中海の植物。
イタリアの園芸店、超楽しそう。

畑を耕しながらレストランを経営するシェフは多い。

自らを農民料理人と名付けたシェフの本

ピエトロ・パリージ
/クオーコ・コンタディーノ


テレビで人気者になったこのシェフは畑を耕して家畜を育てた。

彼の本は、畑の作物のリチェッタを季節ごとにまとめている。
ジョルジョーネ/オルト・エ・クチーナ

-------------------------------------------------------
 =====================================

0 件のコメント:

プーリアやカラブリアなど南伊各地の食文化も取り込んでいるシチリア料理。

なんとなく地味な気がして紹介していなかった本、 『 ピアッティ・ディメンティカーティ 』。 ちょっと読んでみたら、イタリアのじいちゃんばあちゃんたちの自慢の料理が、イタリアも日本も、親戚はおんなじだなあ、とほっこりするエピソードと共に語られていいて、なかなかいい本ではないですか。...