2020年12月8日火曜日

子羊のオーブン焼き、フリット、バーベキュー、素朴にダイナミックに焼くのが美味しそう。

アバッキオの話題になったら、やつぱりスコッタディート。
まずはローマの子羊、アバッキオじゃなくてアニェッロのリブロースのスコッタディートagnello scottadito

・肉に軽く塩、こしょうして油を引いたフライパンに入れ、200℃のオーブンで5~6分焼く。
・コストレッテを骨1本ずつに切り分けてオーブン皿に盛り付け、粗塩とハーブを散らしてオリーブオイルをかける。仕上げに200℃で5~6分焼く。

次はリブロースにパン粉をつけた子羊のフリットcostolette d'agnello fritte

・肉は平にして骨を出す。
・衣は粗挽きパン粉、粉にんにく、タイム。
・肉に小麦粉、溶き卵、たっぷりのパン粉をつける。肉を抑えて平にする。
160~170℃のひまわり油でゆっくり両面を揚げる。高温にしすぎないようにする。中はロゼに仕上げる。パン粉が剥がれないように揚げている間はさわらないようにする。
・オーブンで焼く場合は衣をつけてバターをのせてオーブン皿に入れ、きつね色になったら裏返してバターをのせて反対側も焼く。



子羊のバーベキューagnello alla brace

・暖炉に炭を燃やして1000℃にし、網を取り付ける。
・肉をのせて両面を焼く。
・皿に取り出して塩を散らす。

オーブン焼きの定番の味つけはレモンとローズマリー。
今月の「総合解説」P.25にはベネト風オーブン焼きのリチェッタを載せました。
子羊のもも肉のロースト、ローズマリーとレモン風味。



-------------------------------------------------------
総合解説
 [creapasso.comへ戻る] 
 =====================================


0 件のコメント:

ミラノ郊外の人気のトラットリア、アンティカ・トラットリア・デル・ガッロ

ミラノ料理の本 『 クチーナ・ミラネーゼ 』 が入荷したので、ついでなので、『 プレミアーテ・トラットリエ 』 からミラノ郊外の店を紹介します。 ミラノからパヴィアに行く途中にある店です。 昔は旅人がサラミをつまみにワインを1杯飲むために立ち寄るような店だったそうです。 次第に料...