2020年12月17日木曜日

香水には欠かせないカラブリアのベルガモット。もちろんあのブランドの香水にも。

復活祭の伝統料理の最後の1品は、カラブリアのネピテッレnepitelleです。
リチェッタは今月の「総合解説」P.28。
トリエステからカラブリアと、北へ南へと、イタリアの知られざる個性を発見する旅が続きますが、ついてきて~。

カラブリアとシチリアを隔てるメッシーナ海峡はわずか3km。

ディオールが紹介するカラブリアのベルガモット。
高級ブランドの香水には欠かせない。↓

ということは、シチリア推しのあのブランドも、やっぱり?
期待を外さないなあ。
ドルガバにはべルベット・ベルガモットという香水があった↓



ベルガモットは紅茶のアールグレイに使われていることでも有名。
お薦め地方料理書の『イタリア・イン・クチーナによると、ベルガモットは1860年に初めてカラブリアに伝わり、現在ではカラブリアのベルガモット生産量は世界一になっている。オレンジに似ていてどこにでもありそうに思えますが、栽培されているのは海沿いの限られた地区のみ。皮から取れる精油が化粧品に欠かせない。

どのファッションブランドの香水でも、ベルガモットは中心となる大切な香り。

カラブリアのもう一つの魅力は圧倒的に美しいビーチ。



北の庶民的てせ大衆的なビーチと違って、手つかずのゴージャスな自然に囲まれた国際的でリッチなビーチリゾートの雰囲気。
ピッツォ↓

カラブリアってこんなに素敵なところだったんだ。



-------------------------------------------------------
イタリア・イン・クチーナ
 [creapasso.comへ戻る] 
 =====================================


0 件のコメント:

ミラノ郊外の人気のトラットリア、アンティカ・トラットリア・デル・ガッロ

ミラノ料理の本 『 クチーナ・ミラネーゼ 』 が入荷したので、ついでなので、『 プレミアーテ・トラットリエ 』 からミラノ郊外の店を紹介します。 ミラノからパヴィアに行く途中にある店です。 昔は旅人がサラミをつまみにワインを1杯飲むために立ち寄るような店だったそうです。 次第に料...