2020年3月11日水曜日

マルケのパスタ

今日はマルケの話です。
観光客にはあまり知られていないようなイタリア中部でも、料理はなかなか個性的です。

イタリアのハート、マルケ

アドリア海とアペニン山脈にはさまれた丘の州、マルケ。
名物の産物はアドリア海の幸、トリュフ、オリーブ、豚肉、ジビエといった平野と森の恵み。

マルケ料理

アラブ人もブルボン家も来なかったマルケにも、大きな影響を与えた一大勢力がありました。
ローマ教皇です。

教会がらみのパスタと言えば、ストロッァプレーティstrozzapreti。

司祭の首を絞めるという、物騒な名前で、一度聞くと忘れられなくなるパスタ、ストロッツァプレーティstrozzzapreti。

逆に思い切りファンタジーなのが、極細パスタで通称天使の髪の毛、エンゼルヘアーこと、マッケローニ・ディ・カンポフィローネmaccheroni di Campoflilone。


地方料理書の名作、“グリバウド”のグランデ・クチーナ・イタリアーナシリーズの『マルケ』には、
マルケが生んだ偉人、ロッシーニの名を取ったロッシーニ風パスタ、マッケローニ・アッラ・ロッシーニもMaccheroni alla Rossini。

さらに、今月の「総合解説」の記事、マルケのパスタによると、とうもろこしの粉のパスタや、ソラマメの粉のパスタなど、高い小麦粉を使わないでいかに美味しいパスタを作るかを倹約家のマルケ人が工夫して考えだしたパスタが山のようにあります。最終的には、貯蔵庫に残った最後の小麦粉で作るパスタなど、徹底してます。
マルケのパスタの話、次回に続きます。

-------------------------------------------------------
総合解説
グリバウド”のグランデ・クチーナ・イタリアーナシリーズ
 [creapasso.comへ戻る]
 =====================================

0 件のコメント:

野菜のラグーの定番ニョッキ、カルロ・クラッコの料理レッスン、じゃがいものニョッキ

ローマの家庭料理をベースにしたニョッキの本、 『 ジョヴェディ・ニョッキ 』 から、ニョッキの基本を解説した部分を訳してみます。 まずは主役のじゃがいも。 水気が少ない乾いたものを使って生地に加える小麦粉が少なくて済むようにします。 小麦粉が少ないと味がよくなり、ニ...