2020年3月5日木曜日

ブルボン家の料理人が王のために作ったサルトゥ

さて、ナポリの米料理、サルトゥですが、
“sour tous”(すべての上を行く、最高)というフランス語のその名の通り、
目一杯リッチで贅沢なのがこの料理の特徴です。
バリエーションは各種ありますが、総じて手間がかって大変そう。
ナポリ風ラグーとポルペッティーネをあらかじめ作ります。
貧しい農家の倹約精神はひとまず忘れて、ブルボン家の王様、フェルディナンド4世の料理人になって、マリーアントワネットの妹の夫に料理を作る気持ちにならないと。

サルトゥ・ディ・リーゾ

今回は、グイド・トンマージの地方料理シリーズの『クチーナ・ディ・ナポリ
のリチェッタを訳してみます。
ラグーのサルトゥー・ディ・リーゾSARTù DI RIO AL RAGù
材料/8人分
ラグー・ナポレターナ;
パンチェッタ・・150g
玉ねぎ・・1個
にんにく・・2かけ
トマトペースト・・1kg
赤ワイン・・2カップ
チェルヴェッラティーネ(細いサルシッチャ)・・2本
豚スペアリブ・・500g、塩

米;
カルナローリ米・・800g
卵・・2個
おろしたパルミジャーノ・・150g
型用バター

ポルペッティーネ;
挽肉・・200g
卵・・1個
イタリアンパセリ
固くなったパン・・2枚
パルミジャーノ・・大さじ1
塩、揚げ油

グリーンピース・・200g(季節でなければ冷凍も可、玉ねぎの薄切り、ハムの小角切りと一緒にオリーブオイルで炒める)
乾燥ポルチーニ・・20g(湯で戻して絞って刻み、グリーンピースに加える)
サルシッチャ・・100g(小さく切ってラグーに加えて煮る)
前日に冷蔵庫から出した小角切りのフィオルディラッテ(牛乳のモッツァレッラかプローヴォラ)・・150g

・前日にラグーを作る。
・パンチェッタと香味野菜を刻み、肉、油と一緒に大鍋に入れる。蓋をしてとろ火で炒めてソッフリットにする(約1.5時間かかる)。
・ワインを少しずつ加えてアルコール分を飛ばし、さらに30分煮る。
・トマトペース大さじ3~4を湯1カップで溶いて加え、トマトが黒くなるまでりじっく煮る。
・これをトマトペーストがなくなるまで繰り返す(5~6時間煮る)。途中で水気がなくならないように気をつける。黒ずんだ、照りのある濃いサルサになる
・ポルペッティーネを作る。湿らせて絞ったパン粉、挽肉、卵、イタリアンパセリ、塩、パルミジャーノをこねてヘーゼルナッツ大に丸める。オリーブオイルで揚げる。
・グリーンピース、玉ねぎ、ハムをフライパンで炒め煮にし、ポルチーニを湯で戻す。
・米を煮る前にレードル1杯のラグーをサルサ用に別にする。
・残りのラグーの半量を湯でのばして火にかける。
・口の広いソテーパンにレードル1杯のラグーを入れて熱し、米を加えて炒める。
・のばしたラグーをかけながらリゾットの要領で煮る。
・米は硬めのアルデンテに煮上げる。
・素早く冷まして別のソテーパンに移し、常にかき混ぜながら冷ます。冷めたら溶いた卵とパルミジャーノを加えて塩味を整える。必要ならラグーを足す。
・ポルペッティーネと小さく切ったサルシッチャ、グリーンピース、レードル数杯のラグーを加えて数分煮る。
・型に油を塗ってパン粉をまぶす。
・米の3/4を型に詰め、底と側面にしっかり広げる。中央は大きくくぼませて詰め物を詰める。
・残りの米で覆い、よく押してスーゴとパン粉を散らす。
・予熱したオーブンに入れて表面に焼き色がつくまで焼く(1時間)。
・約15分冷まし、型から出して皿にあける。
・熱いラグーを添えてサーブする。


本には、シーフードを加えたサルトゥー・ディ・マーレ、トマトが入らないサルトゥ・ビアンコ、のリチェッタも。
スカトゥルキオのサルトゥは小さな型で焼いた1人前サイズでした。

-------------------------------------------------------
総合解説
クチーナ・ディ・ナポリ
 [creapasso.comへ戻る]
 =====================================

0 件のコメント:

野菜のラグーの定番ニョッキ、カルロ・クラッコの料理レッスン、じゃがいものニョッキ

ローマの家庭料理をベースにしたニョッキの本、 『 ジョヴェディ・ニョッキ 』 から、ニョッキの基本を解説した部分を訳してみます。 まずは主役のじゃがいも。 水気が少ない乾いたものを使って生地に加える小麦粉が少なくて済むようにします。 小麦粉が少ないと味がよくなり、ニ...