2020年3月14日土曜日

パスタ・プリマベーラ

時期が時期だけに、スパゲッティやパスタソースを保存用に買う人も多いことと思います。
そこで久しぶりに今日はスパゲッティの話題。
この時期の定番パスタといえば、プリマベーラです。

この季節ならではの春野菜のパスタですが、ブロッコリーやズッキーニでも応用できます。

春の新鮮なものを何でも入れるパスタ・プリマベーラ

今日は、イタリア料理の初心者向けの本のロングセラー、
のリチェッタをどうぞ。
Pasta primavera/パスタ・プリマヴェーラ

材料/4人分
ソラマメ・・120g(さやつきで500g)
短く切ったアスパラガス・・150g
短く切ったさやいんげん・・100g
生か冷凍のグリーンピース・・120g
バター・・30g
薄く切ったフィノッキオ・・小1個
生クリーム・・375g
生麺のタリアテッレ・・350g
おろしたパルミジャーノ・・大さじ2

・鍋に湯を沸かして塩小さじ1、ソラマメ、アスパラガスを加え、弱火で3分ゆでます。
・穴開きレードルで取り出して流水にさらします。
・グリーンピースとさやいんげんも同様に4分ゆでます。
・ソラマメのさやをむきます。
・大きなフライパンにバターを溶かし、フィノッキオの薄切りを5分色がつかないように炒めます。
・生クリームを加えて塩、こしょうし、弱火で2分炒めます。
・パスタをアルデンテにゆでて水気をざっときり、ソテーパンに入れます。
・グリーンピース、さやいんげん、アスパラガス、ソラマメ、パルミジャーノを加えて混ぜます。
・最後にパスタを加えてなじませ、皿に盛り付けてパルミジャーノを散らします。

いつものフライパンで作る時は、中華の要領で強火でちゃちゃと炒めないように。
イタリアンでは全く逆で、香味野菜を油で炒める時は、底の厚い鍋を使って弱火で、野菜から水分が出てしんなりするように炒めます。
イタリア語では、ソッフリッジェレsoffriggere、またはsoffrittoにする、と言います。
イタリア料理の基本は、ほとんどの場合、このソッフリットです。
そしてソッフリットには底の厚い鍋が最適。

イタリア料理を作る人が最初にマスターするのがソッフリット。
私はせっかちな性格が治りました。

食材がちっょと特別な上級編プリマベーラ。

多分ナポリのシェフだったと思われる彼、食材に妥協しないので、ラディッキオ・ロッソのタルディーヴォやグラニャーノのパスタ、スペック(生ハムでも可)などを、シェフのノリで使ってます。
きっと超美味しいよ。
普通はハムとグリーンピースで作ります。

ソッフリット





----------------------------------------------------
「総合解説」
クチーナ・レジョナーレ・ソフィー・ブレイムブリッジ
 [creapasso.comへ戻る]
 =====================================

0 件のコメント:

野菜のラグーの定番ニョッキ、カルロ・クラッコの料理レッスン、じゃがいものニョッキ

ローマの家庭料理をベースにしたニョッキの本、 『 ジョヴェディ・ニョッキ 』 から、ニョッキの基本を解説した部分を訳してみます。 まずは主役のじゃがいも。 水気が少ない乾いたものを使って生地に加える小麦粉が少なくて済むようにします。 小麦粉が少ないと味がよくなり、ニ...