2020年11月17日火曜日

ミニトマトのコンフィとブッラータの前菜

今日から「総合解説」は2019年3/4月号になります。
春の号です。春の訪れとセットになっているイタリアの一大イベントは復活祭。
最初の記事は『クチーナ・イタリアーナ』の3月号と4月号からリチェッタを訳しています。

3月号の前菜の1品目は、ブッラータ、生ハム、アスパラガス、ミニトマトの前菜(リチェッタはP.2)。
春を感じさせる美しい食材を盛り合わせただけのようですが、ミニトマトはオーブンで焼いて旨味を凝縮させたコンフィに、生ハムもオーブンで焼いてカリカリに、アスパラガスはクリームにと、手を加えていないのはブッラータだけ。
最終的にはなかなかの大作に仕上げます。
ミニトマトのコンフィPOMODORINI CONFIT↓
ミニトマトは色や形で遊べます。
春の食材、ミックスハーブのみじん切り、塩、砂糖を散らしてEVオリーブオイルをまわしかけ、160℃のオーブンで35~40分焼きます。


生ハムは、ちょっとした荒業でカリカリ生ハム/プロシュット・クロッカンテprociuto croccanteにします。

ブッラータやモッツァレラとミニトマトのコンフィは相性が良いらしく、リチェッタをちらほら見かけます。
ブッラータとミニトマトのコンフィのブルスケッタBruschette burrata e pomodorini confit


トマトのローストPOMODORI ARROSTI



------------------------------------------------------- 
総合解説
 [creapasso.comへ戻る] 
 =====================================

0 件のコメント:

硬質小麦のパスタは、プーリアのオレッキエッテ、モリーゼのカバテッリ、カンパーニアやシチリアのスパゲッティが本家だった。

今月の「 総合解説 」を訳していて、モリーゼは手打ちパスタが有名だったなんてこと初めて知りました。 記事で取り上げたパスタは、カバテッリcavatelli。 隣のプーリアのパスタだという認識でしたが、モリーゼは南イタリアの一地方、と考えれば、プーリアもアブルッツォもカンパーニアも...