2020年11月8日日曜日

ピッツォッケリの故郷、ヴァルテッリーナ。

乾麺のパスタには厳しい州、ロンバルディアのパスタの話をしてきました。 振り返ってみると、ロンバルディアのパスタの姿が、浮かび上がってきたのではないでしょうか。 今日は、最後に残ったけれど、触れないで通るわけにはいかないパスタ、ピッッォッケリPizzoccheriです。 ヴァルテッリーナ地方のソンドリオのテーリオ生まれのそば粉と小麦粉のタリアテッレ。

テーリオのピッツォッケリ↓

ピツォッケリのソースは、サボイキャベツとじゃがいもとチーズ、バター。
ヴァルテッリーナのPV

ヴァルテッリーナの伝統料理↓


ヴァルテッリーナは上質ワインの産地。ニーノ・ネグリのスフォルツァット・ディ・ヴァルテッリーナDOCGをテイスティングするソムリエ。



 ------------------------------------------------------ 
[creapasso.comへ戻る] 
=====================================

0 件のコメント:

硬質小麦のパスタは、プーリアのオレッキエッテ、モリーゼのカバテッリ、カンパーニアやシチリアのスパゲッティが本家だった。

今月の「 総合解説 」を訳していて、モリーゼは手打ちパスタが有名だったなんてこと初めて知りました。 記事で取り上げたパスタは、カバテッリcavatelli。 隣のプーリアのパスタだという認識でしたが、モリーゼは南イタリアの一地方、と考えれば、プーリアもアブルッツォもカンパーニアも...