2021年1月25日月曜日

パスタ・フロッラは、世界で一番簡単な生地だけど、作る時、触らなければ触らないほどいいって、ベビーシッターが教えてくれた。

イタリアのお母さんや姑が、子供や嫁に料理を教えるような本、
マンマミーア
のズブリゾローナのページには、こんなことが書いてありました。
リチェッタは今月の「総合解説」P.12。

ベビーシッターのピエラは、家族の誕生日のためのケーキを次から次に作りながら、“パスタ・フロッラpasta frolla”は世界で一番簡単な生地だけど、作る時は注意が必要、と教えてくれた。
生地は手や部屋の熱を吸い取るからね。
手が熱ければ、ボールを氷に当てて作業をすること。
それか、手で触れないようにさっとミキサーにかけてもいいよ。
そうしないとうまくできないよ。
生地を休ませる時は、冬ならキッチンで、夏なら冷蔵庫で30分休ませる。
30分以上だと硬くなって、伸ばすときに結局温めすぎることになるからね。
つまり触らなければ触らないほどいい。

イタリアのベビーシッターは、時には母親のような料理のアドバイスもしてくれるんですね。
それでは本のズブリゾローナのリチェッタを訳してみます。

Torta sbrisolonaトルタ・ズブリゾローナ
材料/6人分
00番の小麦粉・・250g
コーンフラワー・・150g
砂糖・・200g
アーモンド・・200g
バター・・220g
卵黄・・2個
アニスリキュール・・大さじ1
ノーワックスレモン・・1個、塩

・台に振るった2種類の粉を盛り、砂糖と小片にしたバター(型用に少量残す)、卵黄、レモンの皮のすりおろし、塩少々、アニスリュールを加える。
・アーモンドをさっとトーストし、数粒は丸ごと残して残りは刻む。
・残りの材料にアーモンドを加え、手で固まりすぎないそぼろ状になるように混ぜる。
・天版にバターを塗って打ち粉をし、生地を手で広げる。180℃のオーブンで焼き色がつくまで(50分)焼く。好みで粉糖を散らしてサーブする。
再び巨匠イジニオ・マッサーリの動画です。

紹介し忘れていましたが、彼はマントヴァ出身。
マンヴァ名物のこのドルチェには思い入れも人一倍のはず。
次は巨匠が教える基本の生地、パスタ・フロッラpasta frolla。






------------------------------------------------------- 

イジニオ・マッサーリ

 [creapasso.comへ戻る] 
 =====================================

0 件のコメント:

プーリアやカラブリアなど南伊各地の食文化も取り込んでいるシチリア料理。

なんとなく地味な気がして紹介していなかった本、 『 ピアッティ・ディメンティカーティ 』。 ちょっと読んでみたら、イタリアのじいちゃんばあちゃんたちの自慢の料理が、イタリアも日本も、親戚はおんなじだなあ、とほっこりするエピソードと共に語られていいて、なかなかいい本ではないですか。...