2021年1月26日火曜日

世界のパスタ産業をリードするバリラが何か思いつくと、世界中が影響される。

今日はバリラの話。
今月の「総合解説」P.13の記事の解説です。

言うまでもなく世界のパスタ産業をリードする、イタリアの家族経営の巨大グループ企業。
そのルーツは、1877年に ピエトロ・バリラがパルマで初めた小さなパンとパスタの店。
その後、グループが巨大になるに連れ、ピエトロは理想化され、もはや伝説の人物。

ピエトロは、パスタ業界に働きかけて、1967年にパスタの原料は硬質小麦のみ、という法律を制定させた人。

バリラの最新の野心作は3Dパスタ。
面白いけど、人の手のぬくもりを全く感じさせないパスタ。

こんなパスタを作る一方で、バリラのパスタに使う卵の80%は放し飼いの鶏の卵だったり、
アート・オブ・パスタ世界選手権を主催して、料理人に世界最高峰の腕前を競う場を提供している。



ライバル、ディ・チェコ社の地方料理のパスタの本、パスタ・ヴィアッジョ・イン・イタリア

アルティジャナーレのパスタの象徴、グラニャーノの代表的パスタメーカーの本、

そういえば、近所のスーパーではバリラのパスタが姿を消して、代わりにグラニャーノのパスタを売っている。
値段は高いけど、近所のスーパーで買うレベルじゃない美味しさ。ありがたやー。

 ------------------------------------------------------- 
 [creapasso.comへ戻る] 
 =====================================


0 件のコメント:

プーリアやカラブリアなど南伊各地の食文化も取り込んでいるシチリア料理。

なんとなく地味な気がして紹介していなかった本、 『 ピアッティ・ディメンティカーティ 』。 ちょっと読んでみたら、イタリアのじいちゃんばあちゃんたちの自慢の料理が、イタリアも日本も、親戚はおんなじだなあ、とほっこりするエピソードと共に語られていいて、なかなかいい本ではないですか。...