イタリア料理ほんやく三昧: オレストランテ

2008年7月11日金曜日

オレストランテ

海辺のレストラン、もう1軒紹介します。

今日の店は、オレストランテ orestorante 。
『ア・ターヴォラ』6月号の解説です。

店は、ローマの近くの、ポンツァという島にあります。
ポンツァ島は、夏になるとラツィオやカンパーニアからバカンス客が大勢訪れる、美しい海に囲まれた島。
その島で一番の有名店が、オレストランテ。
ベルギーのアルベール国王が誕生祝いをしたり、ジョルジョ・アルマーニやモナコのカロリーナ王女もやってきたとか。


Ponza - faraglioni del calzone muto
ポンツァの離れ岩, photo by gengish skan


Palmarola - scoglio dell'elefante
象の岩, photo by gengish skan


cala di luna / moon cove
月の入り江, photo by tittimi


ponza town
市街地, photo by tittimi


生まれ故郷の島で、1995年にオレストランテを始めたシェフのオレステ・ロマニョーロさんは、島のヨットクラブの会長さんでもあります。
毎日最低1回はヨットに乗る、がモットー。
奥様はソムリエでパスティッチェーラ。

店のhpはこちら。
 ↓
orestorante.it

ちょっと写真が小さいですが、テラス席は海の真ん前。
ティレニア海に面したレストランの中では、最高クラスのロケーションなんだそうです。
ただし、テラスの一番端の席はいつも埋まっているので、かなり前に予約が必要。
blog.sanleonardo.it

『ア・ターヴォラ』でもリチェッタを披露していた店の名物、クルマエビのカタイフ巻き、ウニのマヨネーズ添えは、こんな料理。
blog.sanleonardo.it

シーフード入りアマトリチャーナや、イカ墨のクスクスもスペチャリタ。

店で人気の料理は、“カラマラータ” calamarata 。
イカリングの形をしたグラニャーノのパスタとイカのプリーモ・ピアットです。

こんな形のショートパスタ。
www.setaro.it

パッケリの仲間で、最近、じわじわと人気が出てきたような・・・。

カラマラータ(ヤリイカ形)という名前、インパクトありますよねー。
しかも、誰もが当然のように、このパスタの具にはヤリイカを使うから面白い。
もちろん他の具材でもいい訳ですが。
それでもやはり、シーフードの具のカラマラータが大多数。


Calamarata
ムール貝のカラマラータ, photo by Paolo Valdemarin


calamarata con gallinella e fiori di zucca
ホウボウとズッキーニの花のカラマラータ, photo by Stefania


ちなみにこの写真のカラマラータ、どちらもオレストランテの料理ではありませんので、あしからず。


ポンツァの青い海に飛び込んでイルカと一緒に遊んだら、オレストランテのテラス席でカラマラータを食べる、これ、夢のようなバカンスだなあ。

今日のおまけ。
この夢のバカンスを、半分現実のものにしたチビッコ。






-------------------------------------------------------

関連誌;『ア・ターヴォラ』2006年6月号(クレアパッソで販売中)
オレステ・ロマニョーロシェフのリチェッタは、「総合解説」'06&'07年6月号、P.20に載っています。


[creapasso.comへ戻る]

==============================================

2 件のコメント:

くるり さんのコメント...

実はポンツァでとっても恥ずかしい思いをしたことがあります…。周遊の船代を払ったらお昼代がほとんどなくなってしまって。それなのに船で一緒になった人に食事に誘われて、お金ないといったら、おごってくれました。とってもいいスイス人家族でした。情けない日本人(汗)

prezzemolo さんのコメント...

くるりさん
初対面の人に食事に誘われるって滅多にないのに、よりによってお金がないなんて~。観光の島の物価はぼったくり価格だからなあ。でも、いい出会いだったんですね。