2020年2月23日日曜日

子羊とじゃがいものオーブン焼き


“グイド・トンマージ”クチーナ・レジョナーレの『ローマとラツィオ』の羊肉料理は、

子羊のスコッタディート、
カッチャトーラと、
徐々にアバッキオの肉のサイズが大きくなっていきました。

今回は、もも肉です。
料理はアバッキオのもも肉とじゃがいものオーブン焼きCOSIOTT DI ABBACCHIO AL FORNO CON LE PAPATE
材料/4~6人分
アバッキオのもも・・大1本
じゃがいも・・800g
にんにく・・2かけ
ローズマリー・・2枝
EVオリーブオイル(肉に塗る用)
マジョラム
塩、こしょう

・包丁の刃先でももに10カ所程度切込みを入れる。
・にんにくとマジョラムのみじん切りを詰めてラルデッラーレする。
・手で油を塗って均一に塩、こしょうする。
・じゃがいもを大きなくし切りにし、油を塗ったオーブン皿に入れてももをのせる。
・ローズマリーを加え、高温に予熱したオーブンで、焼き汁をかけながら約1時間焼く。

子羊と秋野菜のオーブン焼き

子羊とじゃがいもは鉄板の組み合わせ

それにしても、子羊は、なんであんなに可愛いの。
ミルクしか飲んだことのない子羊は、神への生贄にぴったりの無垢の象徴。
しかも、キリスト教では、大罪を世界から取り去るキリストのシンボルとされてきました。
復活祭には、オーブン焼きを始めとして様々な子羊料理が登場します。
子羊にとっては殉教の季節。
今年は4月12日。

子羊のカレはその姿からして特別だけど、あの形にするのはこんなに大変なんだ。

-------------------------------------------------------
総合解説
ローマとラツィオ
 [creapasso.comへ戻る] 
=====================================

0 件のコメント:

野菜のラグーの定番ニョッキ、カルロ・クラッコの料理レッスン、じゃがいものニョッキ

ローマの家庭料理をベースにしたニョッキの本、 『 ジョヴェディ・ニョッキ 』 から、ニョッキの基本を解説した部分を訳してみます。 まずは主役のじゃがいも。 水気が少ない乾いたものを使って生地に加える小麦粉が少なくて済むようにします。 小麦粉が少ないと味がよくなり、ニ...