2020年2月4日火曜日

アーリオ・オーリオをトスカーナ風に豪華にしたピチ・アッラ・ブリチョレ

それではトスカーナの手打ちパスタ、ピチの話。
ピチは御存知の通り、うどんのように太いスパゲッティです。
このパスタを打つ作業が名前の語源です。 トスカーナ南部生まれのパスタで、定番のソースは、にんにくとトマト入りスーゴ・ディ・カルネの“アッラリオーネall'aglione”。

ピチ・アッラリオーネ

本のP.61の写真では、赤唐辛子の輪切りを少量加えてアクセントにしています。 この料理はpici con le briciole。
 bricioleはパーネ・トスカーノを細かい小角切りにしたもの。 それをオリーブオイルで炒めてパスタとあえます。
つまり、アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノのパン粉がけです。
そもそもアーリオ・オーリオは家になにもなくても、なんとかして美味しい料理を作ろうという究極の節約料理。
それに貧乏人のチーズと呼ばれるパン粉を散らしてちょっと豪華にするのは、シチリアなどでよくある手。
トスカーナには名物のパンとオリーブオイルがあるから、ブリチョレは、 パーネ・トスカーノとトスカーナ産オイルで作るわけです。
これはアーリオ・オーリオが美味しくなる予感。

ピチ・コン・レ・ブリチョレ
フェットゥンタやクロスィーニをよく作る人は、トスカーナ産オリーブオイルを常備しておくと、美味しくなるかも。

トスカーナ産EVオリーブオイル
つぎはパーネ・ショッコの話。

 -------------------------------------------------------
総合解説
ルフィーノのトスカーナ
 [creapasso.comへ戻る]
 =====================================

0 件のコメント:

ピエモンテのヴィテッロ・トンナートがお勧めの店。ランゲ地方の夏の料理、カルピオーネ・アッラ・ピエモンテーゼ。

今日は、今月の「 総合解説 」から、ヴィテッロ・トンナート・アッラ・アンティカがおいしいピエモンテのレストランとして紹介された店(詳細はP.32)と、ピエモンテへの、バーチャルツアーです。 まずはアルバのラ・ピオーラLa Piola。ピオーラとは地元の言葉でオステリアのこと。 w...