2019年11月25日月曜日

イタリアで食べたい、白トリュフ編、トリュフ犬に癒やされる~。

プーリア料理の本を新発見して、話が思わずそれましたが、タルトゥーフォの話が始まったところでした。
総合解説」2017年11/12月号の“トリュフ”の記事を読めば、トリュフの基本的な情報はばっちり手に入ります。
イタリアには何種類もトリュフがありますが、そのおおまかな情報もコンパクトにまとまっていました。
まず、イタリアで最高のトリュフとみなされているのは、もちろん白トリュフ。
正確には学名で呼びます。
Tuber magnatum Picoです。




アルバの白トリュフ


最高の白トリュフの産地として知られるのが、ピエモンテ南部のアルバ地区、
(上の動画の舞台)やマルケのアックアアラーニャ地区です。

アックアラーニャの白トリュフ


アルバでもアックアラーニャでも、上質のトリュフの条件はアロマの強さ。

一方、黒トリュフの中で評価が高いのは、11月末から3月の間に熟す“ネロ・プレジャート”melanosporumと呼ばれるトリュフ。



ウンブリアのノルチャとスポレートの秋から5月にかけての特産品で、

ネロ・プレジャートほど高値にはならないのが、軽い土の香りがあるスコルゾーネscorzone。



活き活きと働くトリュフ犬たちに癒やされるなー。

動画は香りが伝わらないのが残念。

-------------------------------------------------------
日本語解説
クレアパッソの地方料理書リスト
クチーナ・プリエーゼ
リグーリアの発酵生地
[creapasso.comへ戻る] 

=====================================

0 件のコメント:

日曜のディナーに招待された時の手土産の定番は、パスティッチェリアの盛り合わせのトレー。日曜日のグアンティエーラと呼ぶ美味しい習慣です。

新入荷の本、 “ ブランカート・クチーナ・シチリアーナ ”シリーズ 『 パスティッチェリア 』 をご紹介していますが、この本を見る度に感じていた疑問が、パスティッチェリアというタイトルだけど、この本はドルチェの本。 なぜわざわざパスティッチェリアと名付けたのか・・・。 パスティッ...