2018年5月18日金曜日

シチリアの月桂樹の祭り

総合解説」1月号の、今月の食材から。
ローリエの話です。



地中海が似合うハーブではありますが、この葉っぱの香りが、1月の地中海の典型的な香りだったとは知りませんでした。
まして、ローリエが主役の祭りがイタリアにあるというのも初耳です。
シチリアのメッシーナ県、トルトリーチのサン・セバスティアーノの祭り(1月20日)です。

サン・セバスティアーノはトルトリーチの守護聖人で、ペストの守護聖人としても知られ、数々の名画や名曲や三島由紀夫の小説のモチーフにもなっているとても有名な聖人。
彼は柱に縛られて矢で射られて迫害され、殉教したと伝えられています。
月桂樹は彼の象徴のような存在。
祭りの起源は1682年に起きた洪水だそうです。

祭りは2つに分かれています。
最初は祭り直前の日曜日、月桂樹の行進
 ↓


次は祭り当日
 ↓


白装束に裸足、女性は白いスカーフを頭にかぶって行進。
なんとも荘厳で美しい祭りですね。

おまけの動画
トスカーナ風のフレッシュのローリエのフリッタータ。
 ↓


ローリエのみじん切りを加えた薄焼きフリッタータにセージのフリットを添えた1品。
地中海のハーブの香りが満載。

シチリア風インヴォルティーニ
 ↓


パンのクラム、刻んだピスタチオとサラミ、おろしたチーズ(カチョヴァッロ)、オレンジとレモンの果汁というシチリアの名産品を混ぜて豚ロース肉で巻き、オーブンで焼くインヴォルティーニ。
ローリエは先端に1枚刺すだけだけど、かなり効果的。



-------------------------------------------------------
“今月の食材”の日本語訳は「総合解説」2016年1月号に載っています。
 [creapasso.comへ戻る] =====================================

0 件のコメント:

生食用オリーブ

「 総合解説 」2016年6月号発売しました。 リチェッタの最初の記事は“生食・料理用オリーブ”。 オリーブは、摘みたては苦くて食べることができないのですが、地中海の人は古代から何世紀もかけて美味しい食べ方を試行錯誤してきました。 保存方法も、古代ローマ時代にはすでに考...