イタリア料理ほんやく三昧: 『アマトリチャーナ』

2018年5月23日水曜日

『アマトリチャーナ』

新着書籍のご案内です。
今日は『アマトリチャーナ』。


2年前、アマトリーチェに起きたことを覚えていますか?
いつかはアマトリーチェに行って本場のアマトリャーナを食べてみたいと思っていたのですが、たくさんの建物が崩壊した街の映像を見て、この夢も、もうかなうことはなくなったなあと思ったものでした。

あれから2年。
アマトリーチェはどうなっているのでしょうか。

地震から2年後のアマトリーチェの姿。
いまだに衝撃的。
 ↓


地震の4日前のアマトリーチェ。
 ↓


復興途中のアマトリーチェ。
 ↓


芸術や建築物だけでなく、アマトリーチェには貴重な食文化もありました。
国民的パスタソース、アマトリチャーナの産地には、イタリアが失いたくない食の伝統もあったのです。
アマトリーチェのグアンチャーレは食生活のベースになる食材で、復興のシンボルの1つ。
 ↓



震災を受けた町の復興には様々な方法があるでしょう。
一番周囲を動かすのは住民の情熱のような気がします。

『アマトリチャーナ』は、イタリアが世界に誇るパスタソースの産地のために、ALMAという国際イタリア料理学校が中心となってイタリア料理業界に呼び掛け、それに賛同したシェフたちが地元のシェフたちと一緒に作り上げた本です。
イタリア語と英語の完全2か国語表記で、世界中の人にアマトリチャーナを伝えて残したい、という情熱が伝わってきます。

ALMA
 ↓


本の中には、この料理はローマ料理ではなく、羊飼いの料理だと書かれています。
グアンチャーレ・アマトリチャーナの重要性など、
正直言ってこの本を読むまでまったく知りませんでした。

グアンチャーレ・アマトリチャーナ
 ↓


アマトリーチェが元気を取り戻したら、行ってみたいな、と思える場所です。

-------------------------------------------------------
 [creapasso.comへ戻る] =====================================

0 件のコメント: