2018年3月12日月曜日

コンソルツィオ、トリノ

10月号の「総合解説」で訳したのは、『オステリエ・ディ・イタリア』から、10年前にオープンしたトリノのコンソルツィオ(HP)のリチェッタ2点でした。






とても人気の評判の良い店のようですね。
リチェッタを訳した感想は、「この店の内臓料理はお勧め」です。

もちろんワインもチーズも様々なピエモンテの食材も素晴らしそうなのですが、内臓料理を“クイント・クアルト”と名付けるセンスの良さや、他の有名店では見かけないような内臓を使う冒険心、探求心は素晴らしいです。

それにしても、ピエモンテは牛肉料理のメッカですね。
イタリアの地方料理に牛肉料理はあまり多くないので、牛肉料理が豊富というのは貴重な存在。
さらに、元々ピエモンテは内臓料理の宝庫。

ピエモンテ風フリット・ミスト



ファッソーネ牛



グラン・ボッリート・ミスト



夏の高原で放牧されるピエモンテ種のメス牛の牛肉



さしが入っていないヘルシーで柔らかそうな赤身肉が絶望的に不足している今日この頃の食生活。
美味しいチーズになるミルクも出すピエモンテのメス牛は和牛より魅力的なのです。
今ではランゲ地方はピエモンテ牛の産地としても有名。

イタリアの北と南は、食文化がかなり違いますねえ。

-------------------------------------------------------
クイント・クアルトを含む“コンソルツィオ”のリチェッタの日本語訳は、「総合解説」2015年10月号に載っています。
 [creapasso.comへ戻る] =====================================

0 件のコメント:

生食用オリーブ

「 総合解説 」2016年6月号発売しました。 リチェッタの最初の記事は“生食・料理用オリーブ”。 オリーブは、摘みたては苦くて食べることができないのですが、地中海の人は古代から何世紀もかけて美味しい食べ方を試行錯誤してきました。 保存方法も、古代ローマ時代にはすでに考...