2016年4月14日木曜日

フィレンツェとシエナ

今月の「総合解説」のグルメガイドは、フィレンツェとシエナです。

トスカーナの隣り合った町ですが、一方はイタリアを代表する賑やかな観光都市。

Firenze


もう一方は、歴史と自然に包まれて、厳かに時間が流れる古都。

Siena


フィレンツェとシエナ、訪れるならどちらの街?

そう言えば、フィレンツェとシエナの間に広がっているのはキアンティ・クラッシコ地区。
教皇のグエルフィ派のフィレンツェと皇帝のギベッリーニ派のシエナと、古くからのライバル同士だった2つの街が、境界線をめぐって争った地が、今やイタリアで一番世界的知名度の高いワインの産地。

フィレンツェは、大都会の観光地としての楽しみ方ができる場所で、シエナは、キアンティやペコリーノ、チンタ・セネーゼなど、郊外で作られる素晴らしい食材を味わうディープなグルメ旅には最適の街。

例えば、シエナの南東にある丘陵地、クレーテ・セネージは、シエナの美味しいペコリーノの産地。
 ↓



シエナの南には、世界遺産でもあるヴァル・ドルチャが広がっている。





気持ちはかなりシエナに傾いてきたなあ。


-------------------------------------------------------

“フィレンツェ”と“シエナ”のグルメガイドの日本語訳は、「総合解説」13/14年5月号に載っています。
[creapasso.comへ戻る]

=====================================

0 件のコメント:

ボッツオーリの魚市場ではナポリにゴールが入ると漁師さんが喜んで船の警笛を鳴らしちゃう。ナポリのタコの話は調べれば調べるほど楽しい♪

(CIR2月号)の料理、前回はポンペイの魚のモザイク画からインスピレーションを得た料理、でした。 モザイクがあるのはポンペイの牧神の家casa del Fauno。紀元前2~1世紀のもの。 魚の中でも特に印象的だったのはタコ。 ポンペイはカンパーニア州にあります。 カンパーニアの...