イタリア料理ほんやく三昧: コッピア・フェッラレーゼ

2018年3月2日金曜日

コッピア・フェッラレーゼ


今日のお題は、コッピア・フェッラレーゼ。

この写真の奥に見えている横に伸びたX状の物体です。

Spuntino ferrarese

 以前にもブログで取り上げたとがありますが(こちら)、これはパンです。
フェッラーラを初めとする地元の人々に熱愛されているこのパンは、コッピア・フェッラレーゼという名前です。
ついついフェッラレーゼと略してましたが、普通はコッピアが略称なんですね。
パスタ・ドゥーラという生地のこのパンは、薄い皮がカピカピに乾いていて硬く、中の白くてしっとりしたクラムとの対比が絶妙です。
ルネサンスのフェッラーラの権力者、エステ家の宮廷で生れました。
エステ家の儀式担当官で、イタリア料理史の重要人物の一人、クリストフォロ・メッシスブーゴによると、1536年のカーニバルのために作られたそうです。

2001年にIGP製品に認定されたのに、規定が厳しすぎて守れる造り手がわずかしかいないという、いかにもイタリアの頑固な職人が作りそうなパン。

フェッラーラ方面に行ったら忘れずに味見を。
その際は、にんにく風味の地元のサルーミ、ツィーア・フェッラレーゼとミネラウルウオーターのボトルも忘れずに。
「総合解説」ではこの角を1本ずつに分けて、パルミジャーノのクリームをつけてグリッシーニのように食べる食べ方を紹介しています。
 ↓


コッピア・フェッラレーゼ
 ↓


パスタ・ドゥーラと呼ばれるだけあって、とにかく生地が硬そう。
でも、複雑な造形をするにはぴったりなんですね。
パンのアーティチョークもお見事。

下の動画のタイトルは、フェッラーラの世界で一番美味しいパン。
 ↓


どんなに美味しいパンなんだろう、とすごく期待して食べたけれど、口の中の水分全部持って行かれるパンでした。
以上、フェッラーラの人に強烈に愛されているパンの話でした。

次回は、イタリア人に熱愛されているもの、コーヒーの話です。


-------------------------------------------------------
 “コッピア・フェッラレーゼ”の生地の日本語訳は「総合解説」2015年10月号に載っています。
[creapasso.comへ戻る] =====================================

0 件のコメント: