2014年6月9日月曜日

イセエビのフレーゴラ

ウニのパスタに注目するきっかけになったのは、「総合解説」3月号のサルデーニャ料理の記事でした。
この記事で、ウニのリングイーネの次に惹きつけられたのは、イセエビのフレーゴラです。

アサリのフレーゴラ。
 ↓




トマトのフレーゴラ
 ↓



帆立貝のフレーゴラ
 ↓




ラタトゥイユのフレーゴラ
 ↓


ビーフシチューのフレーゴラ
 ↓



美味しそうなフレーゴラの写真はたくさんあるのですが、残念ながらイセエビのフレーゴラは発見できず。

フレーゴラはクスクスに似ているといわれるので、とりあえず、
おばあちゃんのイセエビのクスクスでも。
 ↓



+パスタ
 ↓


トラディツィオーネ・グスト・パッシオーネ』によると、フレーゴラはイタリアよりも外国で人気があるパスタなんだそうです。
この本に載っているイセエビのフレーゴラの写真は、私が今まで見た中で一番美味しそうです。
まるで、ほんとに宝石箱みたい。

その料理を作ったのは、オリスターノのリストランテ・ダ・レンツォのレンツォ・コローナシェフ。
なんと、人口980人のシーアマッジョーレという町にある、総客席数600の店です。

なんだかすごいシェフみたい。
その話は、次回に。


-------------------------------------------------------

関連雑誌『ヴィエ・デル・グスト』2012年3月号、イセエビのフレーゴラを含む“サルデーニャ料理”の日本語解説は、総合解説2012年3月号に載っています。

[creapasso.comへ戻る]

=====================================
ep5v@k

0 件のコメント:

農民料理人、ピエトロ・パリージ

今月のシェフは、まず、ピエトロ・パリージさん。 18歳までナポリの農園育ちで、ホテル学校卒業後、マルケージのもとでスタージュ、その後はパリのデュカスの元で働き、24歳でドバイの高級ホテルの料理長という輝かしいキャリアを歩んできました。 イタリアに戻ってからは、通称、cuovo...