イタリア料理ほんやく三昧: ポルポ・アッラ・フォルケッタ

2010年7月29日木曜日

ポルポ・アッラ・フォルケッタ

今日はタコの話。
『ラ・クチーナ・イタリアーナ』の記事の解説です。

タコと言えば、最近は大活躍でしたねえ。
ところで、ナポレオンが追放された島、エルバ島の名物が、タコなんです。


代表的な料理は2つ。

1つは、ポルポ・アッラ・フォルケッタ Polpo alla forchetta。

シンプルなゆでダコです。
島のタコは新鮮なので叩く必要がありません。
丸ごとを、バスタに使う量の3倍の塩(海水程度)と唐辛子を加えたたっぷりの湯でゆでるだけ。
ただし、ゆで方には作法があって、まず、頭にフォークを刺して湯に3回浸します。
こうして足をカールさせてから再び湯に入れ、タコ1㎏につき20分ゆでます。
火を止めたら蓋をして、ゆで汁に漬けたまま、ゆで時間と同じ時間冷まします。
これを何も味付けせずに食べます。






もう1つはタコのカッチャトーラ Polpo alla cacciatora。
トマト煮です。

こちらのサイトのリチェッタを訳してみます。

・1~1.2㎏の新鮮なタコ1杯を適当な大きさに切ります(小ダコの場合はそのまま)。
・玉ねぎ大1個を厚めのくし切りにして炒め、タコを加えて炒めます。
・白ワイン1カップをかけてアルコール分を飛ばし、皮と種を取って刻んだトマト2~3個、唐辛子1片を加えます。
・蓋をして30分煮ます。
・必要なら湯を加え、味を見てから塩を加えます。



エルバ島に行ったらタコを食べるのをお忘れなく。



-------------------------------------------------------

関連誌;『ラ・クチーナ・イタリアーナ』2007年7月号
「エルバ島」の解説は、総合解説'07&'08年7月号に載っています。

[creapasso.comへ戻る]

=====================================

0 件のコメント: