2013年9月6日金曜日

イタリア映画とスパゲッティ

今日は、初心に帰って、スパゲッティの話。
といういか、映画の中で、スパゲッティを食べているシーンの話。

まずは、1954年のイタリア映画『Miseria e nobiltà』という映画のとても有名なシーン。



その日の食事にも困るほど貧しいナポリの家族が、山盛りのトマトソースのスパゲッティ(湯気の立ち方がアニメチックでんなー)をふるまわれて、思わず手づかみで貪り喰うシーンやポケットに突っ込むシーンは、イタリア人にとってもかなりショッキングだったようで、イタリア映画史に残る名物シーンになりました。

次は、同じく1954年の『Un americano a Roma』



アメリカかぶれのローマ人が、スパゲッティを見て散々バカにした後で、やっぱり食べちゃうというシーン。
これもイタリア人の心を微妙に刺激したようで、有名なシーンになりました。

スパゲッティをむしゃむしゃ食べるっていうのは、かなり難しい演技が要求されるはず。
どちらもイタリアの国民的な役者さんです。




-------------------------------------------------------
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

0 件のコメント:

マンジャマッケローニはシチリア人、マンジャフォーリアはナポリ人の通称。

トマトソースのリチェッタを探していて、『 スパゲッティ・アモーレ・ミオ 』という本を思い出しました。 乾麺のパスタの本で、今時イタリアでも珍しい、スパゲッティのリチェッタ集です。   この本の著者は、イタリア料理アカデミー会長の、パオロ・ペトローニさん。 イタリア料理アカデミーは...