イタリア料理ほんやく三昧: イタリアのズッキーニ

2010年5月25日火曜日

イタリアのズッキーニ

今日はズッキーニの話。

夏が旬のズッキーニ。


Zucchine, photo by Eric Perrone



ズッキーニのスカペーチェ, photo by bionicgrrrl



シャコと花ズッキーニのスパゲッティ, photo by frabattista



丸ズッキーニのリピエーネ, photo by 1la



いきなりですが、質問です。
ズッキーニの原産地は?

答えは中南米。

イタリア野菜の代表のようなズッキーニですが、トマトやじゃがいもと同じで、アメリカ大陸が発見された後にヨーロッパに伝わった野菜でしたね。

イタリアで流通しているズッキーニには、色々な種類があります。
でも、味はそれほど大差なく、たいていが外見上の違いによる分類なのだそうです。
地方ごとに特徴があって、たいてい産地の名前が付いています。

縦に筋が入っているストリアータ

濃い緑色のヴェルデ

色の薄いビアンカ

丸ズッキーニのトンダ

ロングズッキーニのルンガ

白いロングズッキーニで先端が膨らんだトロンベッタ

そして、正確にはズッキーニではないのですが、ロングズッキーニと呼ばれるシチリアのククッツァ・ルンガ




ズッキーニ料理の基本、トリフォラーテ。
にんにくのソッフリットにズッキーニを入れて炒め、塩、こしょうをした後は蓋をして加熱します。
蓋を取って水分を飛ばし、仕上げにプレッツェーモロを加えます。







次の動画はズッキーニのクリームのフジッリ。
こちらもまずズッキーニのトリフォラートを作ります。
ただし、にんにくではなく、エシャロットのみじん切りを使います。
「エシャロットは玉ねぎとにんにくの中間のような味。
エシャロットを使う時は玉ねぎもにんにくも要りません。
逆にエシャロットがなければ玉ねぎとにんにくで代用できますよー」と言ってます。
このトリフォラート、「玉ねぎを加えて炒めればフリッタータの具にもなります」
ズッキーニのクリームは、生のズッキーニ、パスタのゆで汁、バター、バジリコかミント、塩をミキサーにかけます。
「こうすれば(野菜嫌いの)子供も大丈夫」
クリームをトリフォラートに加え、ゆでたフジッリを入れてなじませます。
火を止めたらパルミジャーノとパスタのゆで汁(適宜)を加えてマンテカーレ。
味の弱いズッキーニでも、香りのよいボリュームのある一品になります。







次回はシチリアのロングズッキーニ、ククッツァ・ルンガの話です。




-------------------------------------------------------

[creapasso.comへ戻る]

=====================================

0 件のコメント: