イタリア料理ほんやく三昧: フィレンツェの老舗カフェ

2010年8月30日月曜日

フィレンツェの老舗カフェ

今日はフィレンツェのカフェの話。
『ヴィエ・デル・グスト』の記事の解説です。

この記事で、「イタリアの老舗カフェ」として紹介されている8軒のうちの3軒が、フィレンツェのレプッブリカ広場(共和国広場)にある店。

レプップリカ広場は町の中心部にあって、周囲を建物に囲まれた長方形をしています。
フィレンツェはイタリア王国の首都だったことがあるのですが(1865~1871)、その当時、現在の姿に整備されました。
歴史や芸術の香りが漂うドゥオモ広場やシニョリーア広場と違って、レプッブリカ広場は商業スペースとして多くの人々を集めています。

フィレンツェを訪れた人なら、多分一度はこの広場に足を踏み入れたことがあるのでは。
しかも、この中のどこかのカフェで一服したことがある人も多いはず。


ピアッツァ・デッラ・レプッブリカ Piazza della Repubblica






この広場の老舗カフェの1つが、パスコフスキ Paszkowski。
1846年にビアホールとして開業し、ほどなくして、現在のようなライブ演奏も行うカフェとなります。
内装は20世紀初頭の雰囲気。
1991年に国の文化財に指定されています。

hpはこちら


Paszkowski restaurant



この日の演奏はサンタナのコピー。







2軒目のジュッベ・ロッセ Le Giubbe Rosseは、1897年に、ドイツビール製造業者のライニングハウス兄弟が始めた店。
カメリエーレがウイーン風の赤い上着(ジュッベ・ロッセ)を着ていたところから、言いにくい外国語の正式名ではなく、「ジュッベ・ロッセの店」という呼び方が広まったんだとか。

1913年にフィレンツェの未来派の本拠地に選ばれて以来、著名な文化人の集まる場所として有名。
文学的なイベントの会場にもなっていて、討論会や本の紹介イベントなどがよく開かれています。

hpはこちら








そしてもう1軒は、ジッリ Gilli。
記事では、「もっとも上流志向の店」と紹介しています。
確かに、お値段も上流志向。
1733年に別の場所で開業して、1920年代に現在の場所に移転。
フィレンツェで唯一のベルエポックスタイルの店。

hpはこちら


Firenze


Valentine in Florence
バレンタインのケーキ




-------------------------------------------------------

関連誌;『ヴィエ・デル・グスト』2008年8月号
「コーヒー」の記事は総合解説'07&'08年8月号に載っています。

[creapasso.comへ戻る]

=====================================

2 件のコメント:

vittorio さんのコメント...

今度行く時は、しっかり素晴らしいフィレンツェを見てきたいです、でもこんなに有名な所がいっぱいあると、どこに行くか迷ってしまいます(笑)。

誰が見ても何が目的だかすぐわかるハート型ドルチェ、いいですね、ランポーニがベースなんでしょうか、私も作ってみたいです。あとステーキを食べるのも忘れないようにしたいです。

prezzemolo さんのコメント...

Vittorioさん
ハートケーキのこの色は、確かにラズベリーぽいですね。
フィレンツェのど真ん中で、カップルでこんなケーキ食べるのも楽しいでしょうねえ。
ただし、この店は、値段を気にしてはいけない店です(笑)

ビステッカ、また食べたい~!