イタリア料理ほんやく三昧: カステルヴェトラーノのパーネ・ネロ

2016年7月7日木曜日

カステルヴェトラーノのパーネ・ネロ

今日はマルサラからシャッカへの旅の続きです。

ギリシャの遺跡があるカステルヴェトラーノで、ギリシャ人がイタリアに伝えたもののことを考えながら、有名カンティーナ、ブラネタのリゾートホテルでワインを試飲したら、次は、パンが名物の町、カステルヴェトラーノへ行きます。

地元品種のマルツォーロ、別名トゥンミニーアという硬質小麦を、石臼で挽いた全粒粉と
天然酵母の生地を、剪定したオリーブの小枝で焼いたパン。
スローフードの保護食材。
トンマーゾ・リッツォのパーネ・ネロは、一生に一度は食べておきたいパン、だそうですよ。

シチリアに小麦を伝えたのはギリシャ人。
セリヌンテのすぐ隣にあるカステルヴェトラーノの地元の小麦なら、きっとギリシャ人が伝えた古代小麦ですね。




トンマーゾ・リッツォ氏のパーネ・ネロ
 ↓



店のwebページはこちら


そしてこのパンと相性が抜群なのが、カステルヴェトラーノのもう一つの名物、エクストラヴェルジネのオイル、オーリオ・ヴェルデ。
 ↓



そして最後の町、シャッカ。
ここの名物はグラニータとイワシのコラトゥーラ。
コラトゥーラはチェターラだけじゃないんですね。

そしてグラニータのマエストロと言われる個性的な店主がいる名物店が、バール・ローマ。
 ↓



マルサラから、ギリシャがイタリアに伝えた小麦、ワイン、オリーブを満喫して、グラニータで締める旅も、のんびりしていていいですね。

店の詳細は「総合解説」をご覧ください。


-------------------------------------------------------

“マルサラからシャッカへの旅”の日本語訳は、「総合解説」13/14年6月号に載っています。
[creapasso.comへ戻る]

=====================================

2 件のコメント:

vittorio さんのコメント...

食べてみたいです、

その様な釜で焼くのがいいですよね、全粒粉を入れるとパンの風味が違います、最近私も全粒粉を使っています、

暑い日はグラニータが最高ですね。

prezzemolo さんのコメント...

Vittorioさん

硬質小麦の全粒粉のパンにレモンのグラニータをはさんで食べれば、この暑さも乗り切れる気がします。