イタリア料理ほんやく三昧: ラザーニェ・アッラ・ボロニェーゼ

2017年6月26日月曜日

ラザーニェ・アッラ・ボロニェーゼ


今日はラグー(ミートソース)のベストパートナーのもう一つの方、ラザーニャの話。
正確にはラザーニェ・アッラ・ボロニェーゼ lasagne alla bolognese。

ラザーニャはイタリア各地で作られている料理で、イタリア料理を代表するご馳走の家庭料理。
ボローニャのラザーニャはラグー・ボロニェーゼ入りで麺は小麦粉、卵、ほうれん草入りの緑色。

ボローニャのパスタの永遠のライバル、ナポリのラザーニャは小さなミートボール入りのラグー・ナポレターノをかけ、プレーンの白い麺。
カーニバルの時期に食べます。

ラザーニェ・ナポレターネ
 ↓


ラザーニェ・アッラ・ボロニェーゼ
 ↓



個人的にはたくましい女性がパスタを打つ姿が大好き。
完璧なラザーニャには、長さ1m、直径5㎝で完璧にカーブしている桜の木の麺棒が必要。




生地をこねる時は脈拍のようにリズミカルに力強く。

エミリア地方にラザーニャが広まったのはルネサンスの時代で、この料理に欠かせないトマトソースが誕生したのは19世紀のナポリ。

『サーレ・エ・ペペ』誌がラザーニャが美味しいとお勧めするボローニャのお店の1つの動画をどうぞ。
trattoria meloncello。
 ↓



毎日通わないと名物パスタは食べきれない。
行く予定もないのに胃袋が心配。



-------------------------------------------------------

“ラザーニェ・アッラ・ボロニェーゼ”の記事の日本語訳は、「総合解説」2015年2月号に載っています。
[creapasso.comへ戻る]
=====================================

0 件のコメント: