イタリア料理ほんやく三昧: フィオーリ・ディ・ズッカ

2016年5月23日月曜日

フィオーリ・ディ・ズッカ

ズッキーニのスカペーチェで始まった「総合解説」6月号ですが、次のお題は、フィオーリ・ディ・ズッカです。
華やかで、初夏のイタリア料理の女王のような食材ですね。

Fiori Di Zucca


さて、このフィオーリ・ディ・ズッカですが、日本語に直訳すると、カボチャの花。
でも、「総合解説」にもある通り、イタリアでは、市販されているフィオーリ・ディ・ズッカは、一般的にはズッキーニの花。
ところが、ズッキーニの花をフィオーリ・ディ・ズッキーニと呼ぶ人は少数派。
カボチャの花でもズッキーニの花でも、みんなフィオーリ・ディ・ズッカ。
実際には、ズッキーニとカボチャの花では、形や香りの強さが違うようですが。
まあ、イタリア人がそんな細かいこと気にするはずないですもんねー。
カボチャの花とズッキーニの花をきっちり区別したいか、どうでもいいかで、あなたの日本人のDNAの強さが分かるかも。

フィオーリ・ディ・ズッカ・フリッティ。
 ↓



ズッキーニとフィオーリ・ディ・ズッカのスパゲッティ
 ↓


このズッキーニのスパゲッティのポイントは、サフランで濃い黄色にすること。
これは野菜のパスタ全般に当てはまりますね。



-------------------------------------------------------

イタリア料理の基礎シリーズ、野菜編“フィオーリ・ディ・ズッカ”の記事の日本語訳は、「総合解説」13/14年6月号に載っています。
[creapasso.comへ戻る]

=====================================

2 件のコメント:

Tomoko Hirata さんのコメント...

初めまして。ただ今ローマ旅行を計画中のHirataと申します。
非常に興味深い日記ですので、また訪問させてください。

prezzemolo さんのコメント...

Hirataさん
コメントありがとうございます。
ローマ旅行ですか。
いいですねー。
美味しいものとの出会いがたくさんあるといいですね。
ローマ情報があったらブログに取り上げるようにしますね。
また気軽にコメントしてください。