イタリア料理ほんやく三昧: アーヴォラのアーモンド

2015年6月4日木曜日

アーヴォラのアーモンド

今日は最近その栄養価が注目されているアーモンドの話。
イタリア産のアーモンドと言えば、有名なのがシチリアのアーヴォラ産。

アーヴォラのアーモンド
 ↓
Mandorla di Avola

アーヴォラのアーモンドには3品種あって、国際市場で高く評価されています。
酸化防止効果が高く、肥満、高血圧、高血糖の改善に効果があるそうです。


アーヴォラ
 ↓


普通に大きな街ですね。
アーモンドの木がある気配がない・・・。

アーモンドをシチリアに伝えたのはギリシャ人。
特にシラクーザ、ノート、アーヴォラといった島の南東部の気候と相性がばっちりでした。
ギリシャ人がこの地方を植民地化したのは紀元前8世紀半ば。
歴史の古い町なんですね。

シチリアのアーモンド栽培の中心地ヴァル・ディ・ノート地方のアーモンド畑。
桜に似たうすピンク色の花が、一帯を埋め尽くす美しい光景は、シチリアのシンボルの一つです。
 ↓




アーヴォラでも、郊外にはアーモンド畑が広がっていました。
アーモンドの開花から、出荷、ドルチェになってシチリア美人が食すまで。
 ↓


農薬はほとんど使わず、収穫も手作業。

シチリアには、派手なフルッタ・ディ・マルトラーナから、清楚なビアンコマンジャーレまで、アーモンドを使うドルチェがたくさんありますよね。。

フルッタ・ディ・マルトラーナ
 ↓
TAORMINA


次回はその話でも。


-------------------------------------------------------

“アーヴォラのアーモンド”の記事の日本語訳は、「総合解説」2012年11月号に載っています。

[creapasso.comへ戻る]

=====================================

0 件のコメント: