イタリア料理ほんやく三昧: ピノキオとチブレオ

2012年5月31日木曜日

ピノキオとチブレオ

北イタリアではまた地震があったようですね。
イタリアでも日本でも、ほんとに地震はもういやだ~。

気分を変えて、今日はピノキオの話。
『ラ・クチーナ・イタリアーナ』の記事の解説です。
この記事によると、ピノキオにチブレオが出てくるらしい。
フィレンツェの有名レストランじゃないですよ。
フィレンツェ名物の内臓料理の、チブレオです。
とは言え、チブレオを食べたことがある人、イタリア人でもどれくらいいるんでしょうか。
ピノキオに出てくるくらいだから、有名な料理なんですね、きっと。

チブレオはこんな料理

この特徴的なぎざぎざしたものは、鶏のトサカです。
つまりチブレオとは、鶏の内臓とトサカのフリカッセのようなもの。
名前は有名でも、レストランで人気が出そうな料理でもないですね。
一応、こんな料理だということを覚えておいてください。

さて、ピノキオです。
ピノキオってどんな話でしたっけ。
嘘をつくと鼻が伸びるってことと、クジラに飲み込まれたぐらいしか覚えてないけど、

チブレオがどこに登場するかと言うと、ピノキオが猫と狐と一緒に行くオステリーア、ガンベロ・ロッソで注文する料理の1つです。
そう、雑誌やワインの格付け本でおなじみの、あのガンベロ・ロッソは、ピノキオのこのオステリーアの名前から取ったんですねえ。

それにしても、ピノキオに猫や狐なんて萌えキャラでてきたっけ?
なんて無邪気なこと考えてたら、とんでもなかった。
↓ディズニーの猫と狐はなんとなくうさんくさいけど、



↓TVドラマの実写版の猫と狐(大きいほう)は、超いやな最低のペテン師。



こんないたいけな子供からお金巻き上げようとしているんですよー。
カモにされたピュアなピノキオちゃんが可哀そうで可哀そうで、おばちゃん、もう見てられませ~ん。
しかもあのおせっかいな雌鶏に、自分の姿が重なっちゃうよお。
騙されないようにピノキオに忠告して、猫に殺されちゃうんですよ!
いやだこんな鬱展開。
しかも、これはまだ序の口。
ピノキオに降りかかる不幸の詳細は、こちらのページでどうぞ。

ピノキオのあらすじ

最初は愚かな子供だったとは言え、ピノキオに降りかかる災難の数々は、もう異常。
子供のうちからこのくらい重い話を聞かせておけば、さすがに簡単には騙されなくなるってもんだ。
でも、人間不信にもなりそう

ドラマ版ピノキオ第1話-1

ガンベロ・ロッソのシーンを探すために実写版のドラマを見ていたら、気分はすっかりどん底です。
ぐったり疲れたので、ガンベロ・ロッソの話は次回に。







-------------------------------------------------------

関連誌;『ラ・クチーナ・イタリアーナ』2011年4月号、“チブレオ”の記事の解説は、「総合解説」2011年4月号(近日中に発売予定)に載っています。

[creapasso.comへ戻る]

=====================================

2 件のコメント:

畠山 さんのコメント...

なんだか読んでて頭がクラクラしてきました・・・ディズニー版はロバになっちゃったりフカ(映画ではクジラでしたね)に飲みこまれたりするくだりをうまくかいつまんで作ってたんですね。星に願いも・・

prezzemolo さんのコメント...

畠山さん
お伽話とか、童話とかって、ほんとは怖くて残酷な話なんだなあ。
それにしても、子供向けとは到底思えない内容でした。
ハイジやフランダースの犬で育つ日本の子供はお人よしになるかもしれないけど、幸せだあ。