イタリア料理ほんやく三昧: カポダンノのチェノーネ

2012年1月5日木曜日

カポダンノのチェノーネ

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


Prima alba del 2012 da Punta Palacia, Otranto
アドリア海に面したオトラント(プーリア)の2012年の初日の出。


Prima alba del 2012 da Punta Palacia, Otranto
新年の朝日に染まるオトラントの岬。



↓ヴェローナの年越しカウントダウン





↓ナポリの新年の花火。





地上はこんな状態
対空砲火か!

近所の人はたまりませんねえ。
実際、大都市では新年の爆竹を禁止にするところが増えているとか。


↓こんな格好でも2012年新年の映像。
ブリンディジで行われた募金活動のための寒中水泳。





↓テーラモ(アブルッツォ)の街頭インタビュー。
「新年にはどんな料理を作りますか?」



定番はレンズ豆とザンポーネ。
でもその他は見事にばらばら。
立派なディナーを作る人、旦那さんが作る人、お母さんがつくる人、友達の家に食べに行く人、レストランに行く人・・・。


12月31日の夜にレンズ豆を食べて、新年の繁栄を祝うのがイタリアの伝統。
ぶっちゃけ、儲かりますようにと願掛けするわけですね。

Cotechino e lenticchie
レンズ豆とコテキーノ


レンズ豆のよく知られているうんちく。
レンズ豆はレンズに似ているからそう呼ばれるようになったのではなく、レンズのほうがレンズ豆に似ていたからそう呼ばれるようになりました。
レンズ豆は有史以前から栽培されている古い豆で、古代ギリシャやローマではおなじみの食材。
ラテン語でレンズ豆という意味の“レンスlens”がレンズの語源。

おまけですが、イタリア語で“レンズ”は、レンティッキエではなく、レンテlente。


今年が良い一年になって、皆さんの商売が繁盛しますように!


-------------------------------------------------------

[creapasso.comへ戻る]

=====================================

0 件のコメント: