イタリア料理ほんやく三昧: イタリア料理の歴史、その2

2010年9月6日月曜日

イタリア料理の歴史、その2

『L'ITALIANO È SERVITO!』から、イタリア料理の歴史について書かれた部分のご紹介、その2です。

前回は、イタリア料理のルーツは、ケルト、ラテン、ギリシャの3つの文化だ、という話でした。
確かにこれは、イタリア料理は地方料理の集まりで、1つではない理由を、ずばり説明しています。

イタリアと日本は、縦長の海に囲まれた地形や緯度など、地理的に比較的似ています。
でも、日本の食文化では、北はバターと肉、南はオリーブオイルと野菜、といった大きな違いは見られません。
イタリアではなぜ、地方ごとにこんなにも食文化が違うのでしょうか。
それを説明するためにも、イタリア料理の歴史は、ローマ料理以前から始めなくてはなりません。

ケルトとは、ブリテン諸島からドナウ河一帯の中央ヨーロッパに勢力を広めた民族です。
イギリスやフランスの歴史でも、ケルトの文化は主要な存在でした。
ちなみに、スコットランドのサッカーチームの名前、セルティックは、「ケルト人」という意味。

イタリアから見ると、ケルトは北からやってきました。
彼らは、紀元前400年頃、ミラノ、ヴェローナ、アンコーナなどパダナ平野(ポー河流域)に定着します。
紀元前387年にはローマに侵略し、町をほぼ壊滅状態にしています。

ラテンは、後のローマ文明のルーツです。
青銅器時代にイタリアにやってきて、イタリア中部を本拠地として発展しました。

ギリシャは、ローマ建設とほぼ同じ頃、シチリアやイタリア半島南部に都市を築きました。


ケルト、ラテン、ギリシャ、この3つの文明の食文化は、イタリア北部、中部、南部に、それぞれ定着します。
外からやってきた異なる民族。
そのそれぞれの食文化が、イタリアの地方料理のルーツなんですねえ。
もし日本でも、北、中、南で異なる民族が住みついていたら、個性的な地方料理が生まれていたかもしれません。


そしてローマ時代。
ラテンを元祖とするローマは、イタリア中部から領土を拡大して、地中海とヨーロッパを手中に収めました。
でも、ローマに支配された国々には、どこもみなローマ料理が広まったでしょうか?
確かに少なからず影響は与えたでしょうが、各国の食文化が大きく変わることはなかったはずです。
北イタリアでも、その食文化が完全にローマ化することはありませんでした。

逆に、ローマには各地から食材や食文化が入ってきました。
帝国拡大の影響をもっとも多く受けたのは、ローマの食文化だったのです。

やがて、余りにも巨大になったローマ帝国は、西と東に分裂します。
イタリア中部が帝国に及ぼす影響力は、どんどん小さくなっていきました。


以下は『L'ITALIANO È SERVITO!』から。


当時知られていた世界を統一し、各地からの産物と食文化をイタリアにもたらしたローマ帝国は、約1,600年前に崩壊しました。
イタリアは、極貧状態になります。
人口は減少し、ゲルマン人や近隣からの侵略を受けて、村や町は、自分たちで戦わなくてはなりませんでした。


コムーネ

悲惨な貧困の時代は、約500年間続きました。
その後、いくつかの町でゆっくりと再建が始まります。
地中海地域では商取引が行われるようになり、商品の輸送と人の移動が再び始まりました。
こうして“コムーネ”が誕生します。
コムーネとは、住民の集会によって統治される自律的な都市のことです。
各都市は、近隣の都市に吸収されないように、防御を固めました。
軍事的防御(どのコムーネも、壁、塔、門で守られていました)だけでなく、文化的にもです。
コムーネごとに個性が強調され、祭りや伝統、そして料理も、各町ごとに特色のあるものが生まれます。


シニョリーア

1300~1400年頃、コムーネの中でも力のある都市は、小さなコムーネを吸収して、一つの地方としての勢力を持つようになります。
こうして、市民による民主制の時代は終わり、いくつかの一族がコムーネを支配するようになります。
血なまぐさい内乱の後、大きなコムーネは一つの一族が権力を握り、権力は世襲されるようになりました。
トリノのサヴォイア、ミラノのスフォルツァとヴィスコンティ、フェッラーラのエステ、マントヴァのゴンザーガ、フィレンツェのメディチなどが主なシニョリーアです。

そんな中でも、例外が3つあります。
ヴェネチアは、共和政を千年続けました。
ローマと中部イタリアの一部は、ローマ教皇領として残ります。
南部は、ノルマン人が支配し、さらにアラゴン王国、スペインと支配者が変わりました。

地方ごとに分裂したイタリアは、地方同士で戦いを繰り返しました。
当時のイタリアは、長く続いた古代ローマの後で、最も輝いていた時代です。
イタリアのシニョリーア制の都市は、ヨーロッパと地中海で強大な権力を誇りました。
それぞれが自立していて、ただ言語と文化だけが共通でした。
この時代に、イタリア地方料理の基礎ができます。





イタリア料理の歴史、次回に続きます。




-------------------------------------------------------
[creapasso.comへ戻る]=====================================

0 件のコメント: