イタリア料理ほんやく三昧: エオリエ諸島

2010年4月22日木曜日

エオリエ諸島

イタリアに3つある活火山の1つ、ストロンボリ。
この火山があるのは、シチリアの右上あたり。
ティレニア海に浮かぶエオリエ諸島にあります。

エオリエ諸島は、行政的にはシチリアのメッシーナ県の一部で、その火山活動から世界遺産に登録されています。

主に7つの島があります。

 アリクーディ島
 フィリクーディ島
 リーパリ島
 パナレーア島
 サリーナ島
 ストロンボリ島
 ヴルカーノ島


エオリエという名前の由来は、この島々に住むというギリシャ神話の風の神、アイオロス(イタリア語ではエーオロ)。
彼は、ストロンボリの火山活動によって変化する雲の形をリーパリ島から見て、天気を予想していたのだそうです。



上空から見たエオリエ諸島, photo by Foto_di_Signorina


オデュッセウスが漂流してエオリエ諸島に流れつき、アイオロスにもてなされたという伝説もあります。


さて、そんなエオリエ諸島、イタリア料理の世界では、マルヴァジーア・デッレ・リーパリあたりが有名ですよね。
7つの島の中で一番大きいのはリーパリ島で、約1万人が暮らしています。
2番目はサリーナ島。
人口は2,300人。
諸島の中で一番高い山(961m)もあります。



サリーナの海, photo by Ghost.in.the.Shell



サリーナの山, photo by Ghost.in.the.Shell



このサリーナ島は農業が盛んで、特産品はマルヴァジーアとケッパー。
マルヴァジーア・デッレ・リーパリは、リーパリ島だけでなく、エオリエ諸島全体が産地。


マルヴァジーア・デッレ・リーパリを解説した動画。
訳は時間があったら後でつけるかも・・・(汗)







サリーナ島のもう1つの特産品、ケッパーの話は次回に。



-------------------------------------------------------

[creapasso.comへ戻る]

=====================================

0 件のコメント: