イタリア料理ほんやく三昧: 2010年の三つ星店は・・・

2009年12月28日月曜日

2010年の三つ星店は・・・

今日は『クチーナ・エ・ヴィーニ』の記事、「三つ星の料理」の解説です。

ミシュランの三つ星店、日本にはなんだかずいぶんたくさんあるんですね。
2010年版では東京は11軒、京都大阪は7軒だそうで。

さてそれでは、11月24日に発売されたミシュラン・イタリア2010年版では、三つ星店は何軒?

・・・答えは、6軒です。
イタリア中で、わずか6軒。

二つ星は37軒。
ちなみに日本は東京だけで42軒。
京都大阪は11軒。

フランスの人は日本料理に甘いのか、イタリア料理に厳しいのか・・・。

東京の11軒というのはパリの10軒を抜いていて、結果的に「東京が世界一の美食の街」というお墨付きを与えたようなもの。
これにはさすがにフランスでは怒りの声が上がっているようで、フランスのL'EXPRESS誌は「日本市場で儲けようという魂胆」というような記事を載せています。


イタリアでは、「ミシュランが好むのはフレンチスタイルの高級店」という評価が一般的。
でも、毎年その結果が発表される時期には、星が増えた減ったと、話題にはなるようです。

2010年版の3つ星店は、
Dal Pescatore(Canneto sull'Oglio/マントヴァ)
Ristorante Enoteca Pinchiorri(フィレンツェ)
La Pergola(ローマ)
Al Sorriso(Soriso/ノヴァーラ)
Le Calandre(Rubano/パドヴァ)
Da Vittorio(Brusaporto/ベルガモ)


今年は動きがありましたねー。
常連の5軒に、新顔のDa Vittorioが加わりました。


下の動画で最初に登場するのが、出版イベントでのDa Vittorioの面々。
話をしているのはミシュラン・イタリアの編集長。






次の動画は、Da Vittorioのシェフ、エンリコ・チェレーア氏。
2008年のヴィニタリーで披露した、春の食材の料理を説明しています。
「ロワイヤルのズッキーニ風味」
「じゃがいものクレーマ、頬肉の煮込み入り」
「アスパラガスとスクアックエローネのオルゾット」
「ヒラメのフィレットの子牛の頭肉添え」
「クレーム・ブリュレとピスタチオのクリーム」
「自家製ピッコラ・パスティッチェリーア」







Da vittorioのhpはこちら


イタリアの三つ星の話、次回に続きます。



-------------------------------------------------------

関連誌;『クチーナ・エ・ヴィーニ』2008年4月号
「三ツ星の料理」のリチェッタは「総合解説」'07&'08年4月号に載っています。

[creapasso.comへ戻る]

=====================================

2 件のコメント:

vittorio さんのコメント...

そうですよね、フランススタイルが星を取っていますよね、

家族でやっているダル・ペスカトーレとウ゛ィサーニには行って見たかったです。

知り合いの所、今年のミシュラン東京で星が無くなってしまったそうです、

レクスプレスが記事にしているのも当たっているような気がします。

反面ジャンルのこだわらずフランスで日本人が経営するお店も評価が低いようにも思います。

イタリアが6個とは少ないような気がします。

prezzemolo さんのコメント...

Vittorioさん
ミシュランはフランスのガイドブックだから、何かと張り合ってるイタリアに厳しいというのは、ある意味、誰もが納得してますよね(笑)。
ミシュランが日本の店を格付けするようになって、「星がなくなる」なんて評価を突然勝手にされたら、きっと胃に穴が開くくらい悔しいでしょうねえ。
イタリアの低評価は逆に、イタリア人がミシュランをあまり評価していないことの表れかもしれません。
日本人もあまり振り回されないといいけど。