イタリア料理ほんやく三昧: ババとナポリの関係

2009年7月13日月曜日

ババとナポリの関係

ババの話、その2です。


ナポリを代表するパスティッチェリーア、スカトゥルキオのババ
photo by francescominciotti


元ポーランド王レシチニスキが、フランスのロレーヌ公国で、クグロフからババを考え出したのは1740年代のこと。
このお菓子が、いったいどうしてナポリ名物になったのでしょうか。

当時のイタリアは、フランス、スペイン、オーストリアにあちこちを支配されて、その運命をもてあそばれていた時代です。
列強は、あっちを取ってはこっちを手放し、の繰り返し。
イタリアのどの地方がどの国の支配下にあるのか、もうごちゃごちゃで何が何だか・・・、という状況でした。


そもそも、レシチニスキがポーランドの王位を放棄し、その見返りにロレーヌ公国を与えられたのは、1733年に始まったポーランド継承戦争というのが原因でした。
フランスに後押しされたレシチニスキと、オーストリアやロシアが味方についたフリードリヒ・アウグスト2世が、ポーランドの王位をめぐって戦ったのです。
実はこの戦争が、ババがナポリの名物ドルチェになるそもそものきっかけでした。

最初レシチニスキは劣勢で、ロシア軍によってポーランドから追い払われ、フランスに亡命します。
ところがここで、スペインがレシチニスキの味方に付きました。
スペインは、オーストリアに取られたナポリとシチリアが欲しかったのです。
そして目論見通り、ナポリとシチリアの占領に成功します。

1738年、和平が成立して、領土の再編が行われました。
その結果、レシチニスキはポーランド王位を放棄し、オーストリアの勢力下にあったロレーヌをもらいます。
それまでロレーヌ公だったフランツ・シュテファンは、トスカーナ大公国を与えられました。
スペインはナポリとシチリアを取り戻し、その代わりに、パルマ公国をオーストリアに譲りました。
シロウトには、誰が得をして誰が損をしたのか、まったく分かりませんねー。
こういうのを丸く収めると言うんでしょうか。


そしてナポリですが、ここは13世紀からスペインの支配を受けていました。
ちなみに、この間のナポリの扱いは、植民地。
スペインに搾取されて、いわゆる「貧しい南部」となっていく下地が作られていきます。

ポーランド継承戦争後にナポリの支配者となったのは、カルロ7世。
後のスペイン・ブルボン朝の王様です。

スペイン・ブルボン朝というと、スペインなんだか、フランスなんだか、よく分からない名前ですねー。
実は、フランス・ブルボン朝のルイ14世の孫が、スペイン王として即位したために生まれた王朝なんです。
フランスとは血の繋がりがあったんですね。
現在のスペイン国王も、スペイン・ブルボン家の方なんだそうですよ。


スペインのおかげて敗北を免れた元ポーランド王。
元ポーランド王を口実に、ナポリを取り戻したスペイン。
その元ポーランド王が考え出したお菓子が、スペインが支配するナポリに伝わったのは何の因果か・・・。

ババは、まずナポリの支配階級の間に伝わりました。
富と権力をがっちり握っていた彼らの屋敷では、モンズーと呼ばれるお抱え料理人が料理を作っていました。
“モンズー”とは、フランス語の“ムッシュー”の南イタリア訛りです。
南イタリアの支配階級は、フランス風の料理が大好きでした。
そのため、料理人もフランスから呼び寄せたりしたんですね。
彼らがナポリにババを伝えたとする説が、有力のようです。


ババの話、次回はリチェッタです。



-------------------------------------------------------

関連誌;『ヴィエ・デル・グスト』2008年2月号
“ババ”の記事の解説は、「総合解説」'07&'08年2月号、P.31に載っています。

[creapasso.comへ戻る]

=====================================

2 件のコメント:

littlesugar さんのコメント...

ババ食べてみたいです。
シロップ漬けなら、どこかで手に入るかな?
さがしてみま~す!

prezzemolo さんのコメント...

littlesugarさん
ババのことを書いていたら私も食べたくなってきました。ラム酒がたっぷりしみ込んだやつ。
日本ではアルコールたっぷりのタイプはまずお目にかかれないので、イタリアに行ったら必ず食べます(笑)